岩ちゃん、二段構えのサプライズに苦笑のち感涙「いやあ、参ったなあ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月10日 > 岩ちゃん、二段構えのサプライズに苦笑のち感涙「いやあ、参ったなあ」
メニュー

岩ちゃん、二段構えのサプライズに苦笑のち感涙「いやあ、参ったなあ」

2018年3月10日 15:23

瀧本智行監督からの感謝の手紙に 感激の涙を流した岩田剛典「去年の冬、きみと別れ」

瀧本智行監督からの感謝の手紙に
感激の涙を流した岩田剛典
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典の主演映画「去年の冬、きみと別れ」が3月10日、全国329スクリーンで封切られた。岩田は共演の山本美月斎藤工瀧本智行監督らと東京・丸の内ピカデリー1で舞台挨拶。待望の初日に「万感の思いです。スタッフ、キャストが一丸となった、こん身の作品。いよいよスタートなので、どんどん盛り上げていきたい」と言葉に力を込めた。

「教団X」などで知られる人気作家・中村文則氏の同名小説が原作で、岩田演じる記者とその婚約者が、猟奇殺人の容疑者に人生を狂わされていくサスペンス。舞台挨拶は上映前で、ネタバレなど作品の内容に言及できない代わりに、登壇者に映画にちなんだ3問のクイズを出題し、最下位が事前に聴取してある「恥ずかしい秘密」を暴露されることになった。

「エンドロールにクレジットされている人、会社の数は?」などかなりの難問に、瀧本監督を除く全員が2問続けて不正解。最終問題は「ロケ地・金沢の昨年の積雪量は?」だったが、なんと岩田以外の全員が「111センチ」でドンピシャの正解。ただ1人、「100メートル」と答えた岩田は「おかしいだろ。そういうことか」と、だまし討ちに遭ったことに気づき苦笑いで吐き捨てた。


画像2

[拡大画像]

だが、用意されていた「恥ずかしい秘密」は、実は瀧本監督からの感謝の手紙という二段構えのサプライズ。「愚直に、誠実に役と向き合って、岩田剛典にしか演じられない主人公をつくり上げた」というその内容に、岩田は「いやあ、参ったなあ」と感激の涙を流した。

それでも、「うれしいです。監督に出会えて良かった。またご一緒できるように技を磨き、役者として成長した姿を見せたい」と声を絞り出して感謝。そして、「この作品に込められたメッセージは、人間の不思議さ。愛情や憎しみなど、いろいろな感情が詰まっていて、愛する人のために人はどれだけ変われるかという究極の純愛だと思っている。一瞬たりとも、まばたきせずに見てくたさい」とアピールしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi