山田杏奈、初主演映画の殺りくシーンで「まあ、いっか」と監督絶賛の熱演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月8日 > 山田杏奈、初主演映画の殺りくシーンで「まあ、いっか」と監督絶賛の熱演
メニュー

山田杏奈、初主演映画の殺りくシーンで「まあ、いっか」と監督絶賛の熱演

2018年3月8日 21:00

撮影を振り返った山田杏奈、清水尋也ら「ミスミソウ」

撮影を振り返った山田杏奈、清水尋也ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手注目株の女優・山田杏奈の初主演映画「ミスミソウ」の完成披露上映会が3月8日、東京・新宿バルト9で行われた。

山田は「ちゃおガール2011☆オーディション」でグランプリを獲得し、16年に「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」で映画初出演。昨年から今年にかけては「あゝ、荒野」など話題の映画に相次いで出演し、着実にキャリアを積み重ねてきた。

待望の初主演作は、「グロテスクなものが好きで、中学時代に友達に薦められて読んでいた。後味が悪かった」という、押切蓮介氏の人気コミックの映画化。壮絶ないじめの果てに両親を焼き殺され、同級生への復しゅうに執念を燃やす女子中学生という役どころに「初主演はもっと先のことで、その時はもっとキラキラしたお話だと思っていたら真逆だった」と苦笑いだ。

ロケもほぼ雪中という過酷なものだったが、内藤瑛亮監督は「殴り殺すアクションがいい。何の迷いもなく、すごい勢いでボッコボコにしていた。僕も殺されるなら、あんな風に殺されたい」と太鼓判。山田は「人格が疑われそう」と渋面をつくったが、「鉄パイプを振り下ろされる人の背中に板みたいなものが入っていたので、まあ、いっかと思って思い切りやりました。楽しかった」とさらりと言ってのけた。

そして、「完成した作品を見たら、今の私らしい、大切な作品になりました」と満足げ。完成を祝い、押切氏から描き下ろしのイラスト、タテタカコからは主題歌「道程」の生演奏がプレゼントされ、「(イラストは)この色遣いがいいんですよ。歌も撮影中、ずっと聴いていたので撮影を思い出しました。感動しました」と声を詰まらせた。

共演の清水尋也は、「原作を読んだ時に全体的にはラブストーリーだと思い、バイオレンスの根底にあるのは愛情だということを忘れずに演じた」とコメント。映画初出演で、金髪に染めいじめ役を熱演した大谷凛香は「金髪という形から入ることで、不安のストッパーがひとつ取れた。監督と杏奈ちゃんら皆に支えられて一緒に(役を)つくってもらえた」と感謝していた。

ミスミソウ」は、4月7日から全国で公開される。

(映画.com速報)
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,147 人気脚本家・宮藤官九郎の監督作で、長瀬智也&神木隆之介共演で描く奇想天外コメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi