「パシリム」続編でイェーガー役!カズレーザー、アフレコ失敗も「ロボットらしい」と高評価 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月5日 > 「パシリム」続編でイェーガー役!カズレーザー、アフレコ失敗も「ロボットらしい」と高評価
メニュー

「パシリム」続編でイェーガー役!カズレーザー、アフレコ失敗も「ロボットらしい」と高評価

2018年3月5日 17:00

安藤なつは逃げ惑う人々の声を担当した「パシフィック・リム アップライジング」

安藤なつは逃げ惑う人々の声を担当した
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつとカズレーザーが、人気作の続編「パシフィック・リム アップライジング」の“スペシャルサポーター”に就任。3月5日に都内で就任記念アフレコイベントが開催され、それぞれKAIJU(怪獣)の襲撃に逃げ惑う人々、KAIJUと戦う人型兵器・イェーガーの日本語吹き替えに挑戦した。

ギレルモ・デル・トロ監督が人類とKAIJUの戦いを描き、2013年に大ヒットを記録した「パシフィック・リム」の続編。日本からは前作に続き菊地凛子、さらに本作より新田真剣佑が出演し話題を呼んでいる。

カズレーザーは、「我々、芸人になれなかったら怪獣かロボットになろうと思っていたので」と抜てきの喜びをジョーク交じりに語り、会場を笑いに包む。ハリウッド進出の意欲を問われると、安藤は「岩役でもいいからやります。模写できます」と大道具そのものでの参加をアピールしたが、カズレーザーは「トム・クルーズ役がいい。本人の体調がちょっと……というときに」と影武者に名乗りを上げた。

カズレーザーは日本語吹き替え版で、KAIJUと戦う“イェーガー”と呼ばれる巨大人型兵器の声を担当したが「セリフが少なくて、タレントがやっても叩かれることも少ない役」と控えめに語る。公開アフレコでは出だしからタイミングを外し、途中で「あ、違う……」とつぶやくなどドタバタ。安藤から「下手か!」と突っ込まれていたが、なぜか、音響監督からは「ロボット感が出ていました」と高評価を受け、本人も「『あ、違う』はこのイェーガーが言ったアドリブです」と強がった。

一方の安藤は道で逃げ惑う人々の声を担当。悲鳴や絶叫、「ワッフル食べ途中だったのに……!」というアドリブまで披露したが、監督から「本気で追い詰められている感じを」とダメ出しが飛ぶ。さらに安藤には急遽、人間ではなくKAIJUの声があてがわれ、安藤は必死で怪獣の声を作り熱演するも、直後に「アメリカ本国から『怪獣には声入れちゃいけない』って指示がありまして……」というオチがつき、「ノド潰れかけてるんですけど! なんだこれ!」と怒りをあらわにしていた。

パシフィック・リム アップライジング」は、4月13日から全国公開。

(映画.com速報)
パシフィック・リム[Blu-ray/ブルーレイ] パシフィック・リム[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 監督ギレルモ・デル・トロが圧倒的スケールと迫力で描く、SFアクション超大作!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi