米インディペンデント・スピリット賞、作品賞は「ゲット・アウト」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月4日 > 米インディペンデント・スピリット賞、作品賞は「ゲット・アウト」
メニュー

米インディペンデント・スピリット賞、作品賞は「ゲット・アウト」

2018年3月4日 14:20

異色のホラー「ゲット・アウト」が栄冠!「顔たち、ところどころ」

異色のホラー「ゲット・アウト」が栄冠!
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] インディペンデント映画の祭典、第33回インディペンデント・スピリット・アワードの授賞式が3月3日(現地時間)、米サンタモニカで開催され、ジョーダン・ピール監督の異色ホラー「ゲット・アウト」が作品賞と監督賞の主要2部門を制した。

製作費わずか500万ドルながら、世界興収2億ドル超えの大ヒットを記録した「ゲット・アウト」は、白人のガールフレンドの実家を初訪問した黒人青年の体験をホラータッチで描いたサスペンス。娯楽性がありながらも社会諷刺が込められている点が高く評価され、今年の賞レースを大いに賑わせた1本だ。

同じく2部門で栄冠を手にしたのは、1980年代のイタリアを舞台に17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の恋を描いた「君の名前で僕を呼んで」と、2度の冬季オリンピックに出場した米フィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生をマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」。演技部門では、「君の名前で僕を呼んで」で一躍ブレイクを果たした注目の若手俳優ティモシー・シャラメが、長編映画初主演にして堂々の主演男優賞を獲得。主演女優賞には「スリー・ビルボード」でゴールデングローブ賞をはじめ、今年の映画賞を総なめにしているフランシス・マクドーマンドが輝き、日米合作映画「オー・ルーシー!」でノミネートされていた寺島しのぶは、残念ながら受賞を逃した。

主な受賞結果は以下の通り。

▽作品賞
ゲット・アウト

▽監督賞
ジョーダン・ピールゲット・アウト

▽脚本賞
グレタ・ガーウィグレディ・バード

▽主演男優賞
ティモシー・シャラメ君の名前で僕を呼んで

▽主演女優賞
フランシス・マクドーマンドスリー・ビルボード

▽助演男優賞
サム・ロックウェルスリー・ビルボード

▽助演女優賞
アリソン・ジャネイアイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

ロバート・アルトマン賞(アンサンブル賞)
マッドバウンド 哀しき友情

▽外国映画賞
ナチュラルウーマン」(チリ)

▽ドキュメンタリー映画賞
顔たち、ところどころ

▽撮影賞
サヨムプー・ムックディープロム君の名前で僕を呼んで

▽編集賞
タチアナ・S・リーゲルアイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

▽初長編映画賞
イングリッド ネットストーカーの女

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi