レオ×ブラピ、タランティーノ新作で共闘! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月2日 > レオ×ブラピ、タランティーノ新作で共闘!
メニュー

レオ×ブラピ、タランティーノ新作で共闘!

2018年3月2日 12:00

ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ「ジャンゴ 繋がれざる者」

ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ
Photo by Mike Windle/Getty Images、
Photo by Roy Rochlin/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クエンティン・タランティーノ監督の新作で、ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオが共演することが明らかになった。米ハリウッド・レポーター紙が報じている。

ピットは「イングロリアス・バスターズ」、ディカプリオは「ジャンゴ 繋がれざる者」と、それぞれタランティーノ作品への出演経験はあるものの、ハリウッドを代表するスターである2人が共演を果たすのは、長編作品としては今回が初めて。今作は、カルト指導者チャールズ・マンソンと信奉者たち、通称“マンソンファミリー”による女優シャロン・テートさん殺害事件を題材にしているが、このほど正式タイトルが「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)」に決まったことが発表された。

物語の舞台は1969年のロサンゼルスで、西部劇ドラマの元人気スターのリック・ダルトン(ディカプリオ)と、彼のスタントマン、クリフ・ブース(ピット)が主人公。ハリウッドでは過去の人として扱われている2人だが、リックの隣人がシャロン・テートだったことから、事件に巻き込まれていくことになるというストーリーになるようだ。

テートさんは「吸血鬼」出演をきっかけに、メガホンをとったロマン・ポランスキー監督と結婚。だが、69年8月9日、26歳の若さで惨殺されている。テートさんは当時、ポランスキー監督の子どもを妊娠していた。

タランティーノ監督は、「もはや消えてしまったロサンゼルスとハリウッドの物語を伝えられることに、とても興奮している。リックとクリフを、ディカプリオとピットというダイナミックなコンビに演じてもらえることになり、これ以上ないほどの幸せを感じている」とコメントを寄せている。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)」は、2019年8月9日に全米公開予定。

(映画.com速報)
イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 クエンティン・タランティーノ監督×ブラッド・ピット主演で放つ戦争アクション!
ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] ジャンゴ 繋がれざる者[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 タランティーノ監督と豪華キャストがおくる、迫力のバイオレンスアクション作品!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi