ジョージ・クルーニー、オプラ・ウィンフリーら銃規制を求める活動に5400万円寄付 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月26日 > ジョージ・クルーニー、オプラ・ウィンフリーら銃規制を求める活動に5400万円寄付
メニュー

ジョージ・クルーニー、オプラ・ウィンフリーら銃規制を求める活動に5400万円寄付

2018年2月26日 11:00

米フロリダの銃乱射事件を受け決意

米フロリダの銃乱射事件を受け決意
Photo by Gregg DeGuire/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米フロリダ州の高校での銃乱射事件を生き延びた在校生らが銃規制の強化を求める大規模なデモ行進を実施するにあたり、米俳優ジョージ・クルーニーと妻で人権派弁護士のアマル・クルーニーさんが、活動支援金として50万ドル(約5400万円)を寄付すると表明した。

フロリダ州パークランドにあるマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で2月14日(現地時間)に起きた銃乱射事件では、半自動ライフル銃「AR15」で武装した19歳の少年によって17人が殺害された。事件を生き延びた同校の生徒5人は早々に、「私たちの命のための行進(March for Our Lives)」と名づけたデモ行進の計画を発表。3月24日に首都ワシントンDCで行われるこのデモ行進は、米国内で後を絶たない銃暴力に対して、真に有効性のある法律の整備を議会に呼びかけるもので、同生徒らが米ABCニュースの報道番組「This Week」に語ったところによれば、当日はワシントンDCのほか、全米各地で同様の集会が開かれる予定だという。

クルーニー夫妻は米ピープル誌に宛てた声明で、「アマルと私は、ストーンマン・ダグラス高校の若者たちの勇気と雄弁さに深く感銘を受けました。来たる3月24日には、全国から集まる素晴らしい若者たちと肩を並べ、一家でデモ行進に参加するつもりです。加えて、この革新的イベントを支援するため、私たちの子供エラとアレクサンダーの名義で50万ドルを寄付させて頂きます」と述べた。また、クルーニー夫妻の支援表明を受けて、オプラ・ウィンフリースティーブン・スピルバーグ監督といった大物セレブが相次いで寄付を表明している。

今年のゴールデングローブ賞授賞式での名スピーチが話題を呼んだウィンフリーが、「ジョージ&アマル、私も全く同じ気持ちよ」というツイートとともに、自身のツイッターを通して同じく50万ドルの寄付を表明したのに続き、スピルバーグ監督も妻で女優のケイト・キャプショーと共同で、「フロリダをはじめとする全国の若者が、実年齢よりはるかに成熟したリーダーシップを発揮しているのは素晴らしいこと。未来のため、勇気をもって立ち上がった彼らに称賛を送るとともに、活動支援金として50万ドルを寄付します」という声明を米Deadlineに寄せている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi