稲垣&香取&草なぎ「クソ野郎と美しき世界」世界観を融合させた本ポスター完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月25日 > 稲垣&香取&草なぎ「クソ野郎と美しき世界」世界観を融合させた本ポスター完成
メニュー

稲垣&香取&草なぎ「クソ野郎と美しき世界」世界観を融合させた本ポスター完成

2018年2月25日 19:30

各話のメインキャラが集結!「クソ野郎と美しき世界」

各話のメインキャラが集結!
(C)2018 ATARASHIICHIZU MOVIE
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 稲垣吾郎香取慎吾草なぎ剛が立ち上げた「新しい地図」によるオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」の本ポスタービジュアルが、このほどお披露目された。「ぶっとんでるけど愛がある。」というコピーが添えられ、各エピソードの世界観を融合させた仕上がりだ。

園子温山内ケンジ太田光児玉裕一がそれぞれ監督・脚本を務め、“極悪でバカで泣けて踊れる、クソ野郎だらけの4つのストーリー”を描き出す短編オムニバス映画。各話の題名は、episode.1「ピアニストを撃つな!」(園監督/出演・稲垣)、episode.2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」(山内監督/出演・香取)、episode.3「光へ、航る」(太田監督/出演・草なぎ)、episode.4「新しい詩(うた)」(児玉監督/出演・クソ野郎★ALL STARS)となっている。

青のラインがセンターに配置された本ポスターには、それぞれのエピソードに登場するキャラクターが集結。ド派手で過激な園監督の世界観が広がる「ピアニストを撃つな!」の天才ピアニスト・ゴロー(稲垣)、極悪人マッドドッグ(浅野忠信)、ジョー(満島真之介)、フジコ(馬場ふみか)、山内監督がファンタジックなテイストで描く「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」のアーティスト・慎吾(香取)、銀幕デビューを果たした中島セナが演じる“歌喰い”を活写。太田監督作「光へ、航る」のオサム(草なぎ)は、グローブをはめてワケありな表情を浮かべ、尾野真千子演じる裕子は車のボンネットの上に座り、何かに視線を投げかけている。

クソ野郎と美しき世界」は、4月6日から全国86館で2週間限定公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi