染谷将太、チェン・カイコー監督「空海」は「一生忘れられない経験」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月24日 > 染谷将太、チェン・カイコー監督「空海」は「一生忘れられない経験」
メニュー

染谷将太、チェン・カイコー監督「空海」は「一生忘れられない経験」

2018年2月24日 14:10

超大作が公開!「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」

超大作が公開!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠チェン・カイコー監督がメガホンをとった、日中合作映画「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」が2月24日、全国307スクリーンで公開された。チェン監督をはじめ、主演の染谷将太、共演の阿部寛松坂慶子、主題歌を手がけたロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎らが東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に出席した。

チェン監督が夢枕獏氏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」に感銘を受け、構想から10年をかけて完成させた本作は、空海と後の白居易となる白楽天が、唐で起こる不可解な連続殺人の謎に迫っていく歴史ミステリー。撮影は昨年、5カ月をかけて中国でのオールロケを敢行。約6年の歳月をかけ、東京ドーム約8個分の土地に巨大な長安のセットが建設された。チェン監督は「この6年間は美しく、同時に困難がいっぱいありました」と振り返り、「贅沢な映画を撮らせていただき、お礼を申し上げます」とスタッフ、キャスト、観客に向けて語りかけた。

海外作品初主演を飾った染谷は、「一生忘れられない作品であり、現場でした。約5カ月間撮影をしていて、終わってみると、まるで夢のなかにいたというか。空海という映画の世界に浸っていたんだなと。そこで感じた感覚を、さらに上回る、何倍にも膨らんだ素晴らしいものが完成した作品にはあった。一生忘れられない経験になりました」と噛み締める。そのうえで、「監督の演出から学んだこともたくさんあります。監督は美しい演出をしてくださって、一瞬一瞬が宝物でした」と感謝を述べた。

一方の阿部も、「中国での監督の存在というのは、日本でいえば黒澤明監督のような存在。僕は黒澤監督の映画に出たことはありませんが、それくらいの緊張感、ひとつひとつへのこだわりがすごかった。あのなかに自分が存在できたというのは、役者としてなかなかできない経験。参加できたことはまれな経験。一生忘れられないことだと思います」と熱い思いを明かした。

また松坂は、撮影初日にチェン監督に誘われ「お茶をいただきながら『この役をどのように思いますか』というお話をしました」と告白。「撮影に本気で取り組む前に、余裕のもてる時間を作ってくださり、落ち着かせてくださった。そのアプローチの仕方が素敵だなと思いました。一番良い状態でカメラの前に立てるように配慮してくださり、ありがたいなと思いました」と監督の人柄を明かした。

キャスト陣の言葉を受け、チェン監督も「皆さん本当に演技が素晴らしく、非常にプロフェッショナルだった。実は現場で、皆さんに難問をつきつけたこともありました。例えば突然セリフを変えたり。でも誰もだめだとは言わず、皆さんから映画に対するスタンスとはどういうものかを学びました」と最大級の賛辞を送った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi