「ボス・ベイビー」本編“初出勤”シーン公開!おっさん赤ちゃんが陽気に登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月22日 > 「ボス・ベイビー」本編“初出勤”シーン公開!おっさん赤ちゃんが陽気に登場
メニュー

「ボス・ベイビー」本編“初出勤”シーン公開!おっさん赤ちゃんが陽気に登場

2018年2月22日 18:41

“兄”ティム役を演じるのは芳根京子「ボス・ベイビー」

“兄”ティム役を演じるのは芳根京子
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第90回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされた「ボス・ベイビー」日本語吹き替え版の本編映像が、公開された。“おっさん赤ちゃん”のボス・ベイビーが、家族の元にやってくるシーンを収めている。

全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジー氏による絵本「あかちゃん社長がやってきた」を、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んでアニメ化。パパとママ、息子ティムの3人家族のもとに“新しい家族”としてやってきた、大人と変わらぬ知能を持つ赤ん坊の姿を描く。日本語吹き替え版では、ムロツヨシが主人公のボス・ベイビー、芳根京子がティム、「NON STYLE」の石田明乙葉がティムの両親、山寺宏一がティムの両親が勤務するペット会社の社長フランシス・フランシスに扮する。

空想好きのティムが双眼鏡で外を観察していると、家の前にタクシーが停まり、スーツを着こなした赤ちゃんが降りてくる。サングラスをかけ、ブリーフケースを片手にノリノリでやってきたボス・ベイビーに、ティムはびっくり。急いで玄関に向かうと、両親から「ほら、見て!」とボス・ベイビーを紹介される。映像は、“ドヤ顔”全開のボス・ベイビーの顔が大写しになるシーンで幕を閉じる。ボス・ベイビーが高級なブリーフケースを開けると、哺乳瓶やおしゃぶりが収納してある、というギャップが笑いを誘う。

ティムとボス・ベイビーは両親の愛情をかけて敵対するが、とある目的からコンビを組み、やがてきずなが生まれていく。“最悪の出会い”を果たした両者がどのように関係を構築していくのか、期待が高まるシーンといえる。ティムを演じた芳根は、「実際にいたら憎たらしく感じることもあるかもしれませんが、それすら今は愛おしく感じています。ここにいてずっとしゃべっていてほしいと思うくらいかわいいいですね」とボス・ベイビーの魅力を語っている。

ボス・ベイビー」は、3月21日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi