中山美穂×キム・ジェウク、“年の差純愛”描く「蝶の眠り」予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月21日 > 中山美穂×キム・ジェウク、“年の差純愛”描く「蝶の眠り」予告完成
メニュー

中山美穂×キム・ジェウク、“年の差純愛”描く「蝶の眠り」予告完成

2018年2月21日 09:00

「蝶の眠り」場面カット「蝶の眠り」

「蝶の眠り」場面カット
(C)2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]中山美穂が5年ぶりに映画主演を務たラブストーリー「蝶の眠り」の予告編が、このほど完成した。キム・ジェウク扮する韓国人留学生の青年チャネと繰り広げる切ない恋愛模様が収められている。

子猫をお願い」のチョン・ジェウンが監督・脚本を手がけた今作は、フランスの女流作家マルグリット・デュラスと38歳年下の愛人との関係を描いた映画「デュラス 愛の最終章」から着想を得たオリジナル作品。アルツハイマー病に侵された女性作家・松村涼子(中山)と韓国人留学生チャネの年の差を越えた純愛を描く。

予告編は、病気によって“魂の死”が迫っていることを悟り、大学で講師をはじめた涼子が講義を行う様子から始まる。ひょんなことからチャネと出会い、次第に惹かれ合うが、涼子は「醜い姿を見せたくない」とチャネを遠ざけてしまう。恋愛に対するときめきと病気に対する不安という真逆の感情を演じ分けた中山と、全編日本語での演技に挑戦し、ストレートな言葉をぶつけるジェウクの真摯な表情が印象的な仕上がりとなっている。

蝶の眠り」は5月12日から角川シネマ新宿ほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi