伝説のライブが蘇る!スコセッシの音楽ドキュメンタリー「ラスト・ワルツ」デジタルリマスター上映

2018年2月19日 06:00

「ラスト・ワルツ」ビジュアル
「ラスト・ワルツ」ビジュアル

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシが、実力派のロックバンド、ザ・バンド解散ライブのステージ演出を行い、記録したドキュメンタリー映画「ラスト・ワルツ」デジタルリマスター版が、4月14日から大音量で上映されることが決定、このほど予告編が公開された。

会場はサンフランシスコのウィンターランド。1976年11月25日、ザ・バンドと親交のあったボブ・ディランエリック・クラプトンニール・ヤングジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ドクター・ジョンマディ・ウォーターズら、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが現れ、共演。一夜限りの貴重なロックフェスティバルとして知られている。

製作はバンドの中心人物、ロビー・ロバートソンで、スコセッシ作品の音楽センスに惚れ込んで監督を依頼。スコセッシは「タクシー・ドライバー」の名手マイケル・チャップマンを中心に、7人の撮影監督を起用し、臨場感あふれるステージを映像化した。舞台美術と照明は「ウエストサイド物語」でオスカー受賞の大ベテラン、ボリス・レベンが担当。スタッフも超一流のメンバーが揃い、時代を超えて語り継がれるロック映画の金字塔として多くの人々に愛された。

ラスト・ワルツ」は、4月14日からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン