内田理央、衝撃の特技告白に場内騒然「日本国憲法とジョジョ立ちを混ぜたネタ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月17日 > 内田理央、衝撃の特技告白に場内騒然「日本国憲法とジョジョ立ちを混ぜたネタ」
メニュー

内田理央、衝撃の特技告白に場内騒然「日本国憲法とジョジョ立ちを混ぜたネタ」

2018年2月17日 14:55

ネタ披露は必死に回避「N.Y.マックスマン」

ネタ披露は必死に回避
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マックスマン」シリーズの第3作「N.Y.マックスマン」が2月17日、全国5館で公開初日を迎え、主演の稲葉友をはじめ共演の山谷花純千葉雄大内田理央久保田悠来、なだぎ武、メガホンをとった増田哲英監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。

「仮面ライダードライブ」で仮面ライダーマッハを演じた稲葉が、映画初主演。ニューヨーク出身の3代目マックスマンに扮しており、「ひとえに公開を迎えられて嬉しい。(初代の)千葉くん、(2代目の)竜星涼くんに次いで3人目のマックスマンなんですが、(設定としては)本家のように飛び込んできたキャラ。世界に入っていけるように、作品に入らせていただいたのを覚えています」としみじみ振り返った。

さらにマックスマンが絶体絶命を好むことにちなみ、登壇陣には「絶体絶命のエピソードは?」との質問が。稲葉は「撮影初日に、待ち時間で千葉くんと小部屋に2人になるときがあって。会ってみたいと思っていたんですが、僕はめちゃめちゃ人見知りなので、いざ会うと何をしゃべったらいいかわからなくて」と述べ、「千葉くんが『稲葉くんはさ、人見知り?』と聞いてくれて、良い感じに話を振ってくれたので、千葉くんが大好物になりました」と明かした。

続けて山谷は、昨年開催の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」でのエピソードを語る。「レッドカーペット登場前に、ボタンがポロッと取れた。それがないとスカートがとまらなくて、パンツが丸見えになっちゃうんです。マネージャーさんが急いで買いに行ってくれて、レッドカーペットの写真をよく見ると、クリップで止まっています」とぶっちゃけ、久保田を「沖縄の風に頑張ってほしかった」と悔しがらせた。

そして内田は、「(稲葉と同じく)『仮面ライダードライブ』に出演したんですが、それより前に『仮面ライダー』のオーディションを受けていて」と切り出し、「特技披露の時に、日本国憲法とジョジョ立ちを混ぜたネタをやった」と告白。これに場内は「なにそれ!?」「めちゃめちゃ興味あるわ!」「混ざるの?」と騒然となり、登壇陣は「ここでやってみて」と無茶ぶりする。しかし内田は「当時法学部生だったんで、自分で考えました。今は日本国憲法全部忘れちゃったので!」と特技披露を必死に回避し、「ネタがめちゃくちゃスベって、オーディションに落ちたんです。次の『ドライブ』ではネタをやらなかったので、受かったんです」と説明すると、なだぎは「試験官に『だが断る』とか言われたんでしょ」とツッコミを入れていた。

N.Y.マックスマン」は、1週間限定公開中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi