山崎育三郎、4年ぶり「モーツァルト!」で“最年長”の自覚「裸になれる稽古場に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月15日 > 山崎育三郎、4年ぶり「モーツァルト!」で“最年長”の自覚「裸になれる稽古場に」
メニュー

山崎育三郎、4年ぶり「モーツァルト!」で“最年長”の自覚「裸になれる稽古場に」

2018年2月15日 15:15

会見に出席した山崎育三郎、古川雄大ら「アマデウス」

会見に出席した山崎育三郎、古川雄大ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の山崎育三郎古川雄大が、ダブルキャストで主演するミュージカル「モーツァルト!」の製作発表が2月15日、都内のホテルで行われた。

2010、14年に続き主人公のヴォルフガング・モーツァルトを演じる山崎は、「初演の初日に緊張で足が震え、スタッフの方に背中を思い切り叩かれて舞台に出たのを思い出した」と苦笑い。今回は主要キャストでは最年長になり、「どの現場でも最年少だったので、まだ慣れないけれど、ゼロからつくり上げる気持ちで、先輩後輩もなく皆が開放できて裸になれるような稽古場の空気をつくっていきたい」と座長としての決意をにじませた。

後輩の古川とはプライベートでも親交があるが、「ご飯に読んでも、あまり来てくれない」とチクリ。それでも、「何年か前にヴォルフガング役がくると本人に言っていた。決まって、やっぱりと思った。ストイックで、舞台に立つと華がある」と期待した。

対する古川も、「育くん(山崎)の舞台を見て圧倒され、目標にしていた。こんなに早くチャンスがいただけるとは」と感慨深げ。「楽曲が多く、すべてが難しいが、今できるすべてを注いでがむしゃらにやっていきたい」と抱負を述べた。

モーツァルトの妻コンスタンツェは平野綾、「乃木坂46」の生田絵梨花、木下晴香のトリプルキャスト。生田は、映画「アマデウス」を見て研究したそうで「悪妻と言われているけれど、かわいらしい方で斬新に感じた。愛らしい部分を見つけながら、自分にしかできないコンスタンツェが演じられるよう精いっぱい努めていきたい」と意欲を見せた。

2002年の初演以来、上演回数が500回を超える人気ミュージカルだが、今回はセットや演出が一新されるという。山崎は、「今はミュージカル・ブームだと思っている。幅広い方に共感していただけるし、これだけのスターが集まったミュージカルはほかにない。2018年は『モーツァルト!』の年にしたい」と高らかに宣言した。

ミュージカル「モーツァルト!」は5月26日~6月28日、東京・帝国劇場で上演。7月に大阪、8月に名古屋公演も行われる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi