最強のコレクターがお宝名盤を発掘! 「さすらいのレコード・コレクター」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月14日 > 最強のコレクターがお宝名盤を発掘! 「さすらいのレコード・コレクター」予告編
メニュー

最強のコレクターがお宝名盤を発掘! 「さすらいのレコード・コレクター」予告編

2018年2月14日 18:00

「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」ビジュアル「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」

「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」ビジュアル
(C)Cube Media 2003
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米国メリーランドに暮らす最強のレコードコレクターを追った音楽ドキュメンタリー「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」(エドワード・ギラン監督)の予告編とポスタービジュアルが公開された。

映画は世界中の音楽好きの耳をとらえてきた“本物のアメリカンミュージック”を、コレクターのジョー・バザードが探し求める姿を映し出す。予告編では、ロバート・ジョンソンらの楽曲に乗せ、バザードの自宅の膨大なコレクションとともに、自分の本当に好きな音楽、まだ誰も聞いたことのない音楽を聞くために各地を訪ね、見つけた古レコードを葉巻をくわえながら楽しむバザードの姿が切り取られている。

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」は、4月21日から新宿K’s cinemaで公開。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi