神田沙也加、実写「3D彼女」劇中アニメに声優出演!佐野勇斗が激愛する魔法少女役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月13日 > 神田沙也加、実写「3D彼女」劇中アニメに声優出演!佐野勇斗が激愛する魔法少女役
メニュー

神田沙也加、実写「3D彼女」劇中アニメに声優出演!佐野勇斗が激愛する魔法少女役

2018年2月13日 05:00

劇中アニメのキャラ「魔法少女えぞみち」役「3D彼女 リアルガール」

劇中アニメのキャラ「魔法少女えぞみち」役
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」
製作委員会 (C)那波マオ/講談社
[拡大画像]

[映画.com ニュース]中条あやみ主演のラブストーリー「3D彼女 リアルガール」の追加キャストが発表され、神田沙也加竹内力濱田マリ三浦貴大荒木飛羽の出演が明らかになった。女優・声優・歌手として活躍する神田は、劇中アニメのヒロインの声を担当。竹内、濱田、三浦、荒木の4人は本編に出演する。

「月刊デザート」(講談社刊)で連載された那波マオ氏による人気コミックを、英勉監督ら「ヒロイン失格」のスタッフ陣が再結集し実写化。男グセの悪い“リア充完璧美少女”五十嵐色葉(中条)と、恋愛経験ゼロの2次元オタク男子・筒井光(佐野勇斗)の恋を描く。なお、4月からテレビアニメ版も放送開始となる。

神田が声を務めるのは、オタク男子・筒井が愛してやまないアニメキャラ「魔法少女えぞみち」。二次元にしか興味がない筒井の心の支えで、筒井の部屋にはえぞみちのポスターやフィギュアが並ぶ。色葉と筒井が並んでアニメを鑑賞する場面もあり、映画の重要なシーンで度々登場するキャラクターだ。

神田の出演は、英監督の熱烈なラブコールによって実現した。「オファーを頂いて、すごく嬉しかったです。実際に原作も読ませて頂きましたが、『実写にしたらすごく新しい試みなんじゃないかな』と思って、アフレコをすごく楽しみにしています」と期待を寄せ、「えぞみちも可愛くて、ファンになりました! まず、ツインテールという時点で、私の中でかなりポイントが高いです! えぞみちとして、二人の恋路をからかいつつ見守れたら良いなと思います」と意欲をみなぎらせている。


竹内力、濱田マリ、三浦貴大らも参戦「3D彼女 リアルガール」

竹内力、濱田マリ、三浦貴大らも参戦
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」
製作委員会 (C)那波マオ/講談社
[拡大画像]

本作のプロデューサーは、「神田沙也加さんは、実は最近ずっと声優として気になっていた方で、いつかご一緒したいと思っていました。兎に角、アニメ作品を見ていて『これは』と技量に驚いたキャストの名前をエンドロールで確認すると、神田さんだったということが続きまして。ですので、『3D彼女 リアルガール』の中での劇中アニメ『魔法少女えぞみち』の声のキャスティングで真っ先に浮かんだ方です」と起用理由を説明している。

一方、本編に出演する追加キャスト4人は、竹内と濱田が筒井の両親を演じ、荒木が弟を担当。三浦は、色葉の主治医・間淵慎吾に扮する。プロデューサーは、「竹内力さん、濱田マリさん、荒木飛羽さんは映画『ヒロイン失格』でご一緒していたので、実はこの『3D彼女 リアルガール』のキャスティング初期の段階から、英勉監督とは、出演して貰ったら面白いねという話はしていました」と告白。さらに、「間淵慎吾医師は、色葉や筒井を静かに見守り、時に大人のアドバイスをしてくれる、頼りになる兄貴分的な存在です。そんなさり気ない優しさと説得力を佇まいで表現できるのは、若手の中では、三浦貴大さんだと思いオファーしました」と明かしている。

中条と佐野のほか、清水尋也恒松祐里上白石萌歌、ゆうたろうらも出演する「3D彼女 リアルガール」は、今秋から全国公開。

(映画.com速報)
ヒロイン失格[Blu-ray/ブルーレイ] ヒロイン失格[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,345 幸田もも子の人気少女漫画を実写映画化した青春ラブ・コメディのBlu-ray。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi