綾瀬はるか、密かな夢は「世界平和!」 北村一輝はハンサムぶりを発揮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月10日 > 綾瀬はるか、密かな夢は「世界平和!」 北村一輝はハンサムぶりを発揮
メニュー

綾瀬はるか、密かな夢は「世界平和!」 北村一輝はハンサムぶりを発揮

2018年2月10日 14:54

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演「今夜、ロマンス劇場で」

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演
[拡大画像]

[映画.com ニュース]綾瀬はるか坂口健太郎が初共演するラブストーリー「今夜、ロマンス劇場で」が2月10日、全国298館で封切られ、東京・新宿ピカデリーで行われた初日舞台挨拶に、綾瀬と坂口、本田翼北村一輝中尾明慶石橋杏奈、メガホンをとった武内英樹監督が登壇した。

映画監督を夢見る青年・健司(坂口)と、モノクロ映画のなかから現れたお姫様・美雪(綾瀬)のせつない恋を紡ぐ物語。作品の内容にちなみ「実現してほしい夢は?」と問われた綾瀬は「オリンピックも開催中ということですし……」と口火を切った綾瀬は「世界平和です!」とビッグな夢。「皆さんがいつも笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中になってほしいです」と思いの丈を述べると、坂口は「僕はこの作品が大ヒットすればいいな」と切り返していた。

本田と石橋が「空飛ぶじゅうたんがほしい」(本田)、「どこでもドアができればいいですよね。起きたらすぐに海外旅行にも行けますし」(石橋)と答えると、中尾は妻・仲里依紗の名前をあげて「最近2人で街を歩いていると、写真撮影を頼まれるんですよ」と前置きし、ほろ苦い思い出を明かした。「(依頼した人が)最初に妻と撮ったんです。その後、普通は僕にくるじゃないですか? 去っていくんですよ! あれは精神的に辛いものがある(笑)。だから実現したい夢ということならば、いつか僕の方だけ写真撮影を頼まれて、仲里依紗はスルーされるということ。街で芸能人夫婦を見かけたら、一応両方とも写真撮ってあげてくださいね」と客席に訴えかけていた。

超ナルシストなスター・俊藤龍之介を演じた北村は、そのキャラクターを貫き通して「ただただ、あの頃に戻りたい。あの何もなかったあの頃。スターになって色々なものを失いましたから」とアンサー。舞台挨拶中は「さぁ皆! 成仏の時間だぜ!」と俊藤のセリフを叫んだり、しきりに髪型を気にしたりと、常に“ハンサムガイ”のままだった。武内監督は、俊藤がかなりお気に入りのキャラクターだったようで「実際に“ハンサムガイ”シリーズを製作したいというのが夢ですね。特に『エーゲ海のハンサムガイ』という作品がつくってみたい」と語っていた。

午前中に横浜で行われていたイベントで、坂口からバラの花束を受け取っていた綾瀬。今回の舞台挨拶では、そのお礼も兼ねて、坂口にチョコレートケーキを食べさせてあげるという展開になった。大きな口を開けてケーキを頬張った坂口は「自分で食べるより美味しく感じます」とニッコリ。さらに、中尾が石橋から、北村が本田からケーキを食べさせてもらうことになった。喜びを爆発させて味わう中尾に対して、北村は「こんなことやる歳じゃない……」と動揺を隠せない。汗をだらだらと流して赤面する“ハンサムガイ”に、場内は大爆笑だった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi