「UDON」に続くご当地グルメ映画「HONETSUKIDORI」 第3弾もある?「ごま油? 醤油?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月10日 > 「UDON」に続くご当地グルメ映画「HONETSUKIDORI」 第3弾もある?「ごま油? 醤油?」
メニュー

「UDON」に続くご当地グルメ映画「HONETSUKIDORI」 第3弾もある?「ごま油? 醤油?」

2018年2月10日 21:30

親鳥と雛鳥、どちらが好き?「UDON」

親鳥と雛鳥、どちらが好き?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本広克行が総監督を務めたオムニバス映画「HONETSUKIDORI」が2月10日、「さぬき映画祭2018」が開催中の情報通信交流館e-とぴあ・かがわで無料上映され、出演の秋月三佳川岡大次郎、京都を中心に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の山口淳太監督らが舞台挨拶に登壇した。

本広監督が、映画「UDON」(2006年)に続いて、香川県のもう一つの名物・骨付鳥をモチーフにした5編のオムニバス。題材に骨付鳥を入れることと、丸亀市で撮影することを条件に、「ヨーロッパ企画」の面々がラブコメ、特撮、時代劇、ミステリー、ロードムービーというバラエティあふれるラインナップを自由に撮影した。

秋月が主演した「今夜、ごはん行きませんか?」(監督・山口淳太)は、ヒロイン・さやかが憧れの先輩・達也から食事に誘われ、ウキウキした気分でオシャレをしてやってくると、骨付鳥が名物の店に連れて行かれて……というストーリー。心の声と実際の言葉が交錯して描かれ、恋の駆け引きがユニークな作品。昨年10月の京都国際映画祭では「エンターテイメント映像部門」の150作品のうち上位3作品に選ばれ、優秀賞を獲得した。

「HONETSUKIDORI」組はこの日、観客とともに、骨付鳥とうどんを食べに行くツアーにも参加し、映画の舞台となった「骨付 丸亀鳥」で食事。秋月は「自分が演技した場所で、食事をして、映画も見てくださる。ワクワクしました。ラブコメが大好きで、自分がやりたいことができているので、幸せです」と笑み。劇中では、オシャレなイタリアンレストランに連れて行ってもらえず、ガッカリするという設定だが「自分だったら、骨付鳥の店の方がうれしい」とご当地グルメをしっかりPRした。

骨付鳥には、肉が固いが噛めば噛むほど味が出る「親鳥」と、肉が柔らかい「雛鳥」の2つがあるが、どちらが好きか、という話題でも盛り上がった。本広監督作品の常連、川岡は「『サマータイムマシン・ブルース』の時に、初めて骨付鳥の店に連れて行ってもらい、『雛鳥がおいしい』と言ったら、本広さんから『その考えは甘い』と言われた。でも2、3年後には、親鳥しか食べられなくなった。それをツアーで力説したんだけども、8割の人が雛鳥を頼んでいた」と笑った。

第3弾はあるのか聞くと、「ぜひ、やりたい」と「HONETSUKIDORI」組の面々。「次はなにかな?」「ごま油?」「醤油?」「なんか調味料ばかりだな」と言いながらも、大乗り気の様子だった。「HONETSUKIDORI」は丸亀市のホームページ(https://www.city.marugame.lg.jp/sightseeing/movie/)でも見ることができる。

(映画.com速報)
UDON スタンダード・エディション[DVD] UDON スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,283 「踊る大捜査戦」シリーズのスタッフが贈る、さぬきうどんの聖地・香川県を舞台にうどん屋の息子が愛すべき仲間たちと共に巻き起こす心温まる感動のストーリー。
サマータイムマシン・ブルース【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] サマータイムマシン・ブルース【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 本広克行監督が贈る、5人の男子学生と2人の女子学生が過ごしたおかしな夏休みを描いた青春冒険映画がBlu-ray化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi