モスクワ国際映画祭2冠!中川龍太郎監督×朝倉あき「四月の永い夢」5月12日公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月8日 > モスクワ国際映画祭2冠!中川龍太郎監督×朝倉あき「四月の永い夢」5月12日公開決定
メニュー

モスクワ国際映画祭2冠!中川龍太郎監督×朝倉あき「四月の永い夢」5月12日公開決定

2018年2月8日 12:00

ポスタービジュアル&予告編も完成!「四月の永い夢」

ポスタービジュアル&予告編も完成!
(c)WIT STUDIO / Tokyo New Cinema
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第39回モスクワ国際映画祭で国際批評家連盟賞&ロシア批評家連盟特別表彰の2冠に輝いた「四月の永い夢」が、5月12日から公開されることが決定。あわせて「かぐや姫の物語」(高畑勲監督作)の主演声優としても知られる朝倉あきが瑞々しい演技を披露する予告編やポスタービジュアル、場面写真がお披露目された。

走れ、絶望に追いつかれない速さで」の新鋭・中川龍太郎監督が、自らの実体験を踏まえてメガホンをとった本作は、3年前に恋人を亡くした27歳の女性・滝本初海(朝倉)が、心の内に抱えていた喪失感から緩やかに解放されていく姿を描いたヒューマンドラマ。第39回モスクワ国際映画祭では「詩的な言葉の表現と穏やかな映像を通して人生の大事なエッセンスを伝えているプライスレスな作品」と評価され、第19回台北映画祭アジアプリズム部門にも正式出品された。

初海の“光と影”を体現した朝倉に加え、三浦貴大が初海に恋する朴訥(ぼくとつ)で真面目な志熊藤太郎役として出演。演劇団体「マームとジプシー」で活躍する川崎ゆり子、今泉力哉監督の「サッドティー」「知らない、ふたり」に参加した青柳文子のほか、高橋由美子志賀廣太郎高橋惠子ら実力派俳優が脇を固めている。お披露目されたポスタービジュアルは、役に扮した朝倉らが写る劇中カット、「春にして死を夢みたあなたが、ずっと嫌いでした。」というコピーが添えられている。

予告編では、音楽教師を辞めてそば屋で働いている初海、染物工場で働きながら個展を開催しようとしている志熊の淡い恋模様を活写。「また会ってくれますか?」という志熊に対して、「そう思ってくれることは嬉しいです」と答える初海だったが、彼女は“恋人の死”という辛い現実を忘れることができない。やがて、恋人の母親から届いた手紙をきっかけに、初海の“止まっていた時間”は動き出す。恋人を失ったヒロインの心の機微をとらえつつ、「世界が真っ白になる夢を見た。私はずっとその四月のなかにいた」という印象的なセリフで締めくくられている。

四月の永い夢」は、5月12日から東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

(映画.com速報)
走れ、絶望に追いつかれない速さで[DVD] 走れ、絶望に追いつかれない速さで[DVD] 最安価格: ¥3,210 「愛の小さな歴史」に続き、今作で2年連続の東京国際映画祭出品となった中川龍太郎監督の自伝的作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi