小林稔侍、喜寿を迎えて感慨 初主演作「星めぐりの町」は「人生の地図のような作品」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月7日 > 小林稔侍、喜寿を迎えて感慨 初主演作「星めぐりの町」は「人生の地図のような作品」
メニュー

小林稔侍、喜寿を迎えて感慨 初主演作「星めぐりの町」は「人生の地図のような作品」

2018年2月7日 20:00

子どもたちも駆けつけた「星めぐりの町」

子どもたちも駆けつけた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の小林稔侍が2月7日、都内で行われた初主演映画「星めぐりの町」(公開中)の舞台挨拶に立った。同日、77歳の誕生日を迎えた小林は「喜寿ですか(笑)。恐ろしく年を取りましたが、お客様や映画関係の皆さんに寄りかかりながら、今日までやってまいりました。感謝の気持ちが強い1日です」と感無量の面持ちだった。

この日は息子で俳優の小林健、娘で女優の小林千晴が駆けつけ、花束をプレゼント。照れくさそうに「ありがとう」と受け取る父に対し、息子の健は「受け取ってくれただけでも良かった(笑)」と安どの表情。娘の千晴は「今夜は家族で、何か食べに行こうと思っている」と話していた。

また、自身の顔をあしらった特製のバースデーケーキを一口味わうと、小林は「誕生日にケーキって柄でもないですし、人様の前で食べることもない。恥ずかしさ、驚き、不慣れで戸惑っております」と照れ笑いを浮かべていた。

小林が俳優人生56年で、初めて映画主演を果たした本作。娘と2人暮らしの豆腐職人・島田勇作(小林)と、東日本大震災で家族を失った少年の心温まる交流を描く。メガホンをとった黒土三男監督からは誕生日を祝う電報が届き、小林は「派手な仕掛けはないが、黒土三男が一念こめた映画。どうか、楽しんでやってください」とアピール。「人と人の出会いが明日を作ると教えてくれる、人生の地図のような作品」だと語った。

さらに「本当にいい機会をいただいた。これに勝るプレゼントはない」と本作への強い思い入れを示し、「もっと長生きして、画面で恥をさらしながら、皆さんに可愛がってもらえれば。あと何年お世話になるかわかりませんが、いい俳優人生を送れれば」と抱負を語っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi