T・パーマー主演の監禁スリラー「ベルリン・シンドローム」日本オリジナル予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月6日 > T・パーマー主演の監禁スリラー「ベルリン・シンドローム」日本オリジナル予告公開
メニュー

T・パーマー主演の監禁スリラー「ベルリン・シンドローム」日本オリジナル予告公開

2018年2月6日 10:00

異国での恋が一転、狂気の監禁事件に「ベルリン・シンドローム」

異国での恋が一転、狂気の監禁事件に
(C)2016 Berlin Syndrome Holdings
Pty Ltd, Screen Australia
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テリーサ・パーマー主演のサスペンススリラー「ベルリン・シンドローム」が4月に公開される。女性バックパッカーが見知らぬ土地で突如監禁される恐怖を描いた今作の日本オリジナル予告編が、お披露目された。

メラニー・ジョーステンのベストセラー小説を、オーストラリア人女性監督ケイト・ショートランドのメガホンで映画化。ドイツ・ベルリンを旅行していたカメラマンのクレアは、アンディと名乗る男と出会い恋に落ちる。アンディの部屋で朝を迎えたクレアは、アンディが外出していることに気が付き部屋を出ようとするが、扉は頑丈に閉めきられ監禁されていた。

クレア役をパーマー、アンディ役を、Netflixオリジナルドラマ「センス8」のヴォルフガング役でも知られるドイツ人俳優マックス・リーメルトが演じる。

予告編は、クレアとアンディが出会い、たちまちひかれ合っていくシーンから始まる。甘い時間を過ごす2人だが、朝になると事態は一転。監禁されたことを悟りパニック状態のクレアは窓からの脱出を試みるが、椅子を叩き付けても割れない強化ガラスが行く手を阻む。一方のアンディは何事もなかったかのように教師として仕事へ出向き、生徒らしき少女にも怪しい視線を向ける。映像の終盤では、助けを求めるクレアの叫び声が、誰にも届かずに消えていく戦慄の場面が収められている。

ベルリン・シンドローム」は、4月7日から東京・新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi