シンガーソングライター&演歌歌手主演のバディムービー「バケツと僕!」予告披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月5日 > シンガーソングライター&演歌歌手主演のバディムービー「バケツと僕!」予告披露
メニュー

シンガーソングライター&演歌歌手主演のバディムービー「バケツと僕!」予告披露

2018年2月5日 12:00

最強のバディムービーが誕生!「バケツと僕!」

最強のバディムービーが誕生!
(C)映画「バケツと僕!」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「無敵のハンディキャップ」の著者・北島行徳氏による小説を映画化した「バケツと僕!」のポスタービジュアルと予告編が、このほど披露された。前川清の長男であるシンガーソングライター・紘毅と、“日本の孫”と親しまれる演歌歌手・徳永ゆうきがダブル主演した今作。ビジュアルと映像は、「最強のバディムービーが誕生!」というコピー通り、2人による純粋で感動的な物語の一端をとらえている。

養護施設で働くことになった神島(紘毅)は、軽度の知的障害と盗癖のある15歳の少年・バケツ(徳永)と出会う。母親から虐待を受け、捨てられて施設に入ったバケツは、唯一の兄弟からも見放され、施設からも追い出されてしまうが、神島は彼を引き取り、共同生活を始める。

予告編には、バケツが密かに思いを寄せる黒田役の岡本玲、バケツの姉・美由紀役の竹島由夏ほか、杉田かおる、「ダチョウ倶楽部」の肥後克広寺門ジモン上島竜兵も登場。紘毅が手がけた主題歌「虹色のファンタジー」にのせ、虐待や孤児、ネグレクトといった社会問題、健常者と障害者の垣根を越えた友情を、純粋な視点で映し出している。

バケツと僕!」は、小林政広本木克英のもとで助監督を務めた石田和彦が、65歳にして監督デビューを果たした。3月3日から東京・新宿K's cinemaほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi