松坂桃李主演「娼年」、冨手麻妙&真飛聖&猪塚健太の場面写真披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月5日 > 松坂桃李主演「娼年」、冨手麻妙&真飛聖&猪塚健太の場面写真披露!
メニュー

松坂桃李主演「娼年」、冨手麻妙&真飛聖&猪塚健太の場面写真披露!

2018年2月5日 11:00

(左から)冨手麻妙&真飛聖&猪塚健太「娼年」

(左から)冨手麻妙&真飛聖&猪塚健太
(C)石田衣良/集英社
2017映画「娼年」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督のメガホンで映画化する「娼年」の場面写真が、このほどお披露目された。冨手麻妙&真飛聖&猪塚健太が、女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のメンバーに扮した様子を切り取っている。

「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた同名小説が原作。2016年に演出・三浦監督、主演・松坂で舞台化され大きな話題を呼び、映画版でも再タッグを組んだ三浦監督&松坂が、“性描写”の限界に挑戦している。主人公・領(松坂)は、大学生活に退屈し、バーでのバイトに明け暮れるなど無気力な毎日を送っている。ある日、友人のホスト・田島進也が(小柳友)、客の御堂静香(真飛)をバーに連れてくる。

真飛演じる静香は「Le Club Passion」のオーナーであり、領を“娼夫”の世界に引き込むキーパーソンだ。恋愛や女性に「興味がない」という領は、静香の提案で“情熱の試験”を受けることになり、そこへ冨手扮する耳が聞こえない謎の女性・咲良が現れる。試験の翌日、入店を決意した領は静香を訪問し、娼夫・リョウとして仕事を開始。猪塚演じるトップクラスの売上を誇る平戸東を紹介され、女性ひとりひとりに隠された欲望の奥深さに気付き、心惹かれ、やりがいを見出していく。

なお猪塚は、舞台版に続いての出演を果たしている。「娼年」は、4月6日から東京・TOHOシネマズ新宿ほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi