松坂桃李&沢尻エリカが出合ったハマり役 初共演のキーワードは“信頼”と“笑顔” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月4日 > 松坂桃李&沢尻エリカが出合ったハマり役 初共演のキーワードは“信頼”と“笑顔”
メニュー

松坂桃李&沢尻エリカが出合ったハマり役 初共演のキーワードは“信頼”と“笑顔”

2018年2月4日 17:30

温かい雰囲気でインタビューに応じた「不能犯」

温かい雰囲気でインタビューに応じた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松坂桃李主演、沢尻エリカ共演の映画「不能犯」が、2月1日から公開されている。物語は深い闇がはびこり、主人公とヒロインはバチバチと火花を散らしたが、インタビュー会場で肩を並べて待っていた松坂&沢尻の関係性は、それとは裏腹に和気あいあいとした温かみに満ちていた。語り口も軽快そのもの、笑いを絶やさず撮影の日々に思いをめぐらせた。(取材・文/編集部、写真/根田拓也)

原作・宮月新氏、作画・神崎裕也氏による人気漫画を、「貞子vs伽椰子」などホラーの名手・白石晃士監督が実写映画化。瞳の力で人を操れる宇相吹正(松坂)は、欲望や憎悪に駆られた者の依頼を受け、事故や病死などに見せかけ対象を殺害していく。犯罪を意図した行為でも、実現が不可能であれば罪に問うことはできない。これを“不能犯”という。正義を貫く女刑事・多田友子(沢尻)は何度も宇相吹と対峙し、やがて自分だけが操られないことに気がつく。

ハマり役だ。2人の熱演を見ると、そんな感想が自然と湧き上がってくる。好青年のイメージが強い松坂だが、彼が宇相吹を演じるからこそ、ここまでの狂気が強調されることが次第にわかり、ハッとさせられる。すらりと伸びる長身を折りたたむように前かがみになり、整った顔立ちをぐにゃりと歪め笑う……。筆舌に尽くしがたい不気味さが、観客の背筋を撫で続けていく。

松坂「宇相吹は人物だとは思っていなかったです。業や欲にまみれた依頼人たち、社会のある種“映し身”なんです。演じる際には、なるべく“生感”を消しています。特に動きを気にし、歩き方はスーッと現れ、スーッと去って行く。監督が演出効果で足音を消してくれていて、暗い照明が合わさり『いるようでいない存在』ができあがったんです」

そして沢尻も、快刀乱麻とも言うべき鮮やかな表現力で多田を演じ切っている。面倒見のいい姐御肌で、同僚の信望厚い女性刑事である一方、行きつけの居酒屋では心からリラックスし、気分よく酔っ払ってしまう“隙だらけ”の一面も持つキャラだ。芯の強い美しさと、人間臭いかわいらしさを併せ持つこの役は、沢尻がこれまで形成してきたパブリックイメージと重なる。

沢尻「原作では男性、映画では女性に変わっているキャラです。なので原作はあえて読まないようにし、脚本で描かれている内面をとにかく紡いでいこうと意識していました。人間味があり、すごく親しみやすかったです。一方で心を許すまでは後輩(新田真剣佑扮する百々瀬麻雄)を“新人”と呼んでいたり、自分のポリシーを曲げない精神がかっこいいと、女性から見ても思いましたね」

初共演となった2人だが、お互いの印象は対面前からすこぶる良かった。そしてそんな好印象は、現場で対面するや強いインパクトを伴う“確信”へと変わった。「沢尻さんを現場で見たとき、多田刑事の芯の強さがそのまま表れていました。だから自分も宇相吹の空気感を持ち続けていれば、作品にもいい効果を及ぼすと思って。沢尻さんの表現が、僕たちの芝居を成立させていた」(松坂)、「宇相吹そのままのビジュアル。『うわっ!』と驚いて、近づきがたいオーラと、ミステリアスな怖さが全面に出ていました。キャラクター上なかなか打ち解けられないので(笑)、興味はあるけどしゃべりかけられない」(沢尻)と、称賛の言葉が口をついて止まらない。

 互いの役者としての力量が“信頼の源泉”となり、熱のこもったカットが創出されていった。ダークヒーローと女刑事がプライドや信念を激突させる相互アクションはもちろんだが、むしろ2人は“シリアスな笑い”が表出したシーンを、爆笑しながら語り合う。

松坂「矢田亜希子(夜目美冬役)さんの腕を、僕がいきなり舐める場面。監督からは『ペロッではなく、ベロッ! で』と、それだけ指示されていました(笑)。人の腕を舐めるなんて初めての経験で、変な感じでした」

沢尻「撮影中は間近で見ていましたが、不思議なシーンでしたね(笑)。しかし多田は洗脳が唯一効かない。目の前でいきなり腕を舐めているし、舐められたほうは変になっているし、『おいおいおい、どうした? 本当に、なにやっているの?』という戸惑いがリアルに出ています」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi