幻の続編が存在した!? ウォン・カーウァイ監督作「欲望の翼」の製作は苦難の連続 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月1日 > 幻の続編が存在した!? ウォン・カーウァイ監督作「欲望の翼」の製作は苦難の連続
メニュー

幻の続編が存在した!? ウォン・カーウァイ監督作「欲望の翼」の製作は苦難の連続

2018年2月1日 12:00

2部構成で製作が進行していたが…「欲望の翼」

2部構成で製作が進行していたが…
(C)1990 East Asia Films Distribution
Limited and eSun.com Limited.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォン・カーウァイ監督初期の傑作「欲望の翼」がデジタルリマスター版として、2月3日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される。スクリーンでの上映は、実に13年ぶりという貴重な機会だ。モノローグの多用、時系列に沿わない物語、印象的な音楽が光り、カーウァイ監督が独自のスタイルを確立した原点ともいえる作品だが、本作には未だに実現していない続編の構想があった。

レスリー・チャンカリーナ・ラウアンディ・ラウマギー・チャンジャッキー・チュントニー・レオンといった当時「香港映画史上最初で最後」と評されたほどの豪華なスターがキャスティングされた本作は、元々3時間の上映時間を有する大作として企画されていた。全編をパート1&2に分け、同時にクリスマスに公開される予定だったが、カーウァイ監督の理想主義に加え、オールスター・キャスティングであるがゆえに撮影スケジュールの調整が難航し、製作は大幅に遅延していた。

やがてカーウァイ監督は、撮了していたパート1に当たる部分を「欲望の翼」(原題:阿飛正傳)として公開するという決断を下したのだが、初披露となったプレミアでも苦難は続く。上映が開始された時、カーウァイ監督とパトリック・タムは、なんとパート1後半部分の編集を終えておらず、必死になって作業を行っていた。結局は映写機の上映スピードが、2人の編集作業の速度を上回り、プレミアは一時中断。急遽、壇上に上がった司会者が場をつないだことで、ようやく残りの上映をスタートさせることができた。


画像2

[拡大画像]

プレミアの時点で、パート2の部分を含めた予算は完全に底を突いていたが、お披露目された「欲望の翼」は、世界中で大きな話題を呼ぶことになる。第10回香港電影金像奨では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか全5部門を制覇し、ベルリンを皮切りに、ニューヨーク、トロント、東京、バンクーバー、ナントといった各国の映画祭で絶賛され、カーウァイ監督の名を一躍世界に知らしめた。

その後「花様年華」「2046」へとキャラクターの名前や設定の一部を引き継いだ「欲望の翼」。幻となってしまったパート2は、同作の6年後、1966年を舞台に描かれる予定だった。60年代の香港に生きる若者たちの恋愛模様が、6年の歳月を経て、どのように変化していったのか。その答えは、ジャンルや国境を超えて今なお熱烈に支持されるカーウァイ監督だけが知っている。

欲望の翼」デジタルリマスター版は、2月3日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほかで全国順次公開。

(映画.com速報)
欲望の翼[DVD] 欲望の翼[DVD] 最安価格: ¥1,000 1960年代の香港を舞台に、6人の男女が織り成す出会いと別れの人間模様を描いた、ウォン・カーウァイ監督による群像恋愛映画。
花様年華[Blu-ray/ブルーレイ] 花様年華[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 ウォン・カーウァイ監督が贈る大人のラブ・ストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi