音楽ファン必見のドキュメンタリー「さすらいのレコード・コレクター」4月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月31日 > 音楽ファン必見のドキュメンタリー「さすらいのレコード・コレクター」4月公開
メニュー

音楽ファン必見のドキュメンタリー「さすらいのレコード・コレクター」4月公開

2018年1月31日 18:00

音楽ファン必見のドキュメンタリー「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」

音楽ファン必見のドキュメンタリー
(C)Cube Media 2003
[拡大画像]

[映画.com ニュース]レコードコレクターが“本物のアメリカンミュージック”を探し求める姿を映した音楽ドキュメンタリー「さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」が4月21日公開する。

米国メリーランドに暮らす最強のレコードコレクター、ジョー・バザード。自宅の地下室の壁一面には78回転のSPレコードが鎮座し、発売当時たった10セントで売られていたブルース、カントリー、ブルーグラスなど様々なジャンルの貴重なレコードを、バザードは大事そうに一枚一枚プレイヤーにかけ、楽しんでいる。20世紀初頭、ラジオと並んで音楽が人々の手に入るきっかけとなったSPレコードの普及から、誰もがいつでも音楽を享受できるようになる現在まで、世界中の音楽好きの耳をとらえてきたアメリカ音楽をバザードが追求する姿を、ロバート・ジョンソン、チャーリー・パットン、サン・ハウスなどの楽曲と共に、エドワード・ギラン監督が映し出す。

「バザードは、あらゆる音楽の魔法のような響きをただただ愛している最高のレコード・コレクターだ」(エルビス・コステロ)、「『超』がつくレコード・マニアがここまで楽しそうにやっていると惚れ惚れしますね。ひとりで勝手にラジオ局をやっちゃうのも頼もしい!」(ピーター・バラカン)と音楽界からも本作を絶賛するコメントが寄せられている。

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物」は、4月21日から新宿K’s cinemaで公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi