マーベル「ガンビット」からゴア・バービンスキー監督が離脱 公開日延期へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月28日 > マーベル「ガンビット」からゴア・バービンスキー監督が離脱 公開日延期へ
メニュー

マーベル「ガンビット」からゴア・バービンスキー監督が離脱 公開日延期へ

2018年1月28日 18:00

ゴア・バービンスキー監督が離脱「ガンビット(原題)」

ゴア・バービンスキー監督が離脱
Photo by Mark Sagliocco/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] チャニング・テイタムが主演する、「X-MEN」シリーズのスピンオフ映画「ガンビット(原題)」から、ゴア・バービンスキー監督(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ)が離脱したことが明らかになった。

米ハリウッド・レポーターによれば、本作は3月より米ニューオーリンズでクランクインが予定されていた。しかし米20世紀フォックスは新監督を選定することになり、このほど全米公開日のスケジュールを当初の2019年2月14日から、19年6月7日に後ろ倒しすることを発表した。

「ガンビット」は、15年10月にルパート・ワイアット監督(「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」)が降板し、その後16年8月にダグ・リーマン監督(「オール・ユー・ニード・イズ・キル」)が降板。昨年10月にメガホンをオファーされたバービンスキー監督もこのほど降板し、またしても監督不在となった。

テイタムが演じる主人公のガンビットことレミー・ルポーは、ニューオーリンズ出身のミュータント。トランプを使って物体に破壊エネルギーをチャージできる特殊能力と女好きのアウトローというユニークな設定から、マーベル・コミックスの数あるヒーローの中でも特に人気の高いキャラクターだ。映画は主演のテイタムが、リード・キャロリンサイモン・キンバーグとともにプロデューサーを務める。

(映画.com速報)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)[Blu-ray/ブルーレイ] 猿の惑星:創世記(ジェネシス)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 すべてはここから始まった…。なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか?!その真相に迫る。ピーエル・ブール原作の猿が支配する惑星に不時着した宇宙飛行士を描いたSF映画シリーズ『猿の惑星』から、その起源に迫った作品。
オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] オール・ユー・ニード・イズ・キル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 トム・クルーズ主演、日本発の小説をハリウッドで実写映画化したアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi