「IT」のフィン・ウルフハード、「ゴールドフィンチ」映画化に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月23日 > 「IT」のフィン・ウルフハード、「ゴールドフィンチ」映画化に出演
メニュー

「IT」のフィン・ウルフハード、「ゴールドフィンチ」映画化に出演

2018年1月23日 11:00

フィン・ウルフハード「ブルックリン」

フィン・ウルフハード
Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NetflixのSFドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のマイク役や、大ヒット中のホラー映画「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」で主人公の少年グループの1人、眼鏡をかけたおしゃべりなキャラ、リッチー役を演じている人気急上昇中の俳優フィン・ウルフハードが、大ベストセラー小説「ゴールドフィンチ」の映画化に出演することがわかった。

本作は、「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートが主演。2014年にピュリッツァー賞を受賞した作家ドナ・タートの長編小説「ゴールドフィンチ」は、美術館爆破テロで母を亡くした少年テオが、カレル・ファブリティウスの名画「ごしきひわ(ゴールドフィンチ)」を盗み、絵画と自分の家族の背景にある秘密を探りながら、波瀾万丈な人生を生き抜いていく巨編だ。

映画は、米ワーナー・ブラザースとアマゾン・スタジオが製作、「ブルックリン」のジョン・クローリー監督がメガホンをとり、主人公テオ役をエルゴートが演じる。テオがラスベガスで出会うウクライナ人の悪友ボリス役を、「ダンケルク」で注目を集めたアナイリン・バーナードが演じるが、このボリスの少年時代をウルフハードが演じるようだ。

米ハリウッド・レポーターによれば、ほかに、サラ・ポールソンジェフリー・ライトルーク・ウィルソンが共演する。1月末にクランクインの予定。

ウルフハードは、スティーブン・スピルバーグの製作会社アンブリン・エンターテインメントがプロデュースする、作家ヘンリー・ジェームズの怪奇小説「ねじの回転」の映画化にも出演が決定。俳優のほか、ガレージロックバンド「Calpurnia」のボーカルとしても活躍中で、先日、ブルックリンのライブハウスで、オリジナル曲やヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカバー曲などを披露し話題になった。

(映画.com速報)
【初回仕様】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,146 スティーブン・キングの代表作の1つで、1990年にはテレビドラマ化された「IT」を、「MAMA」で注目を集めた新鋭アンディ・ムスキエティのメガホンにより映画化。
ベイビー・ドライバー【初回生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] ベイビー・ドライバー【初回生産限定】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」などで知られるエドガー・ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバーの活躍を描いたオリジナル作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi