“不能犯”松坂桃李もメンタリストDaiGoには白旗「ゾクッときた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月23日 > “不能犯”松坂桃李もメンタリストDaiGoには白旗「ゾクッときた」
メニュー

“不能犯”松坂桃李もメンタリストDaiGoには白旗「ゾクッときた」

2018年1月23日 21:10

メンタリストDaiGoに完敗「不能犯」

メンタリストDaiGoに完敗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松坂桃李と女優の沢尻エリカが1月23日、映画「不能犯」の都内で行われた公開直前イベントで、メンタリストのDaiGoとの心理バトルに挑んだ。

松坂が人心を操り死に追いやる立証不能の殺人者、沢尻がその能力が効かない刑事を演じたことから実施。2人が8色のマジックペンの中から好きな色を選び、それをDaiGoが当てるものだが、松坂は「僕、めっちゃ簡単ですよ」とけん制。沢尻も「私も分かりやすい。気分が顔に出ちゃうから」と自ちょう気味に話すと、会場からは笑いがもれた。

だがDaiGoも、先陣を切った松坂に「僕のオススメは緑です」と心理戦を仕掛ける。松坂は実際に好きな色だという緑を選んだが、「集中力が高くてマジメ。挑発すると必ず乗ってくる」と論破されタジタジになった。

さらに沢尻も「選びました」と裏をかいて緑にしたものの、「その言葉が楽しそうだったので、何か仕掛けていますね」とあっさり当てられ陥落。惨敗に松坂は、「当てられて、後からゾクッとくる感覚があった」と感心しきりだった。

DaiGoは、映画を見て「(主人公に)共感した。予想していない、手を抜いていないオチだった」と評価。さらに、松坂のセリフ「愚かだねえ、人間は」も「1日3回は言う。僕も周りからこう見られているのかと、自分を見つめ直した」と絶賛した。

マインドコントロールの大家のお墨付きをもらい、松坂は「DaiGoさんが来て、洗脳されるって別途料金ですよね。得した気分」と大喜び。そして、「これが起爆剤になって、多くの方に見てもらえればと思う。ヒューマンや胸キュンや涙腺を誘う映画が多い中、背筋がゾクッとする映画がどう受け止められるか興味がある」と期待を寄せていた。

不能犯」は、2月1日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi