韓国サスペンス「消された女」イ・チョルハ監督が来日 自費渡航に観客感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月21日 > 韓国サスペンス「消された女」イ・チョルハ監督が来日 自費渡航に観客感激
メニュー

韓国サスペンス「消された女」イ・チョルハ監督が来日 自費渡航に観客感激

2018年1月21日 14:30

日本びいきのイ・チョルハ監督「消された女」

日本びいきのイ・チョルハ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]実在の事件を基にした韓国のサスペンス「消された女」が東京・シネマート新宿ほかで1月20日公開初日を迎えた。イ・チョルハ監督が来日し、舞台挨拶に立った。

「GOD」「東方神起」など人気アイドルのPVを数多く手がけているイ監督。精神病院に拉致監禁された女性の悲劇とその裏に潜む真実と陰謀をスリリングに描いた。法律を悪用し、財産や個人の利益のために、合法的に健康な親族を精神病院に入院させる事件という社会問題を扱ったことから、「内容はスリラーです。シナリオを読み、社会的にこういった問題があるのかと考えさせられ、自分の成長にも役立った」と述懐した。

「深刻な内容としてではなく、(映画を)楽しんでほしかった」という思いから、スピーディな編集にこだわり、時折ショッキングな映像も交えたホラー要素のあるエンタテインメントに仕上げた。そして、「テーマとしては、一人ぼっちでいる周りの人にも関心を持ってほしい」と語る。

また、日本びいきだというイ監督は、岩井俊二監督や小説家の恩田陸氏のファンだそう。この日の舞台挨拶のために自費で来日したことが司会から明かされると、会場からは大きなどよめきと拍手が巻き起こっていた。

大都会をひとり歩いていた女性カン・スア(カン・イェウォン)が、白昼堂々と拉致される。精神病院に入れられたカンは、自身が正常であることを必死に訴えるものの、誰も信じる者はいない。テレビ番組で火災事故を追跡していたプロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)が、1冊の手帳を入手したことから衝撃的な拉致監禁の真実、その背後にうごめく闇に迫っていく。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi