矢作穂香や“和製ミランダ・カー”が出演!舞台「大きな虹のあとで」再演キャスト発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月19日 > 矢作穂香や“和製ミランダ・カー”が出演!舞台「大きな虹のあとで」再演キャスト発表
メニュー

矢作穂香や“和製ミランダ・カー”が出演!舞台「大きな虹のあとで」再演キャスト発表

2018年1月19日 12:00

(上段左から)矢作穂香、桜田ひより (下段左から)喜多乃愛、山賀琴子「花筐 HANAGATAMI」

(上段左から)矢作穂香、桜田ひより
(下段左から)喜多乃愛、山賀琴子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 芸能プロダクション「研音」が主催し、市川知宏上杉柊平入江甚儀瀬戸利樹が主演する舞台「大きな虹のあとで 不動四兄弟」のヒロインを含む女学生キャストが、このほど発表された。ドラマ「イタズラなKiss」や映画「花筐 HANAGATAMI」の矢作穂香がヒロイン役を務め、「咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A」の桜田ひより、ドラマ「あなたのことはそれほど」の喜多乃愛、“和製ミランダ・カー”と称される山賀琴子が共演する。

劇団「TEAM DD」の座付き作家ニイボシアタル氏が、約18年前に脚本を書き上げた同名演劇が原作。2017年8~9月に入江&市川&竜星涼山本涼介の主演で上演されており、今回の再演では長男・不動月役の市川と三男・大地役の入江が同じ役どころで続投するほか、初舞台となる上杉が次男・空、瀬戸が末っ子・草太を新たに演じる。

矢作&桜田&喜多も、昨年に続いて参加。矢作は「またこの作品に携わることが出来、とっても嬉しいです。昨年感じたことをこの作品に込め、さらに熱い思いで挑んでいきます。託された思いを、少しでも皆様にお伝えできるように」と意気込み、「今年も皆さんと一緒に、2018年の夏の思い出をつくっていきたいと思います。劇場でお待ちしております!」と真摯に呼びかけた。

さらに桜田は、「役をさらに自分と一体化して、コミカルに可愛く、そして心を込めて大切に演じていきたいと思います。新しい出演者の皆さんとつくりあげるパワーアップした『にじあと』を見に来てください」とメッセージ。喜多も「この作品が皆さんに届き、愛され、『再演』という形で帰ってくることが出来たこと、とても嬉しく思います」と喜び、「去年の夏、この作品は私にたくさんのことを教えてくれました。その大切なモノを心に留め、今回の舞台ではまたさらに、皆さんのなかに何かを残すことができるよう必死に作品と向き合います! 大切で大好きな作品です。全力で演じます」と明かした。

そして初参加となる山賀は舞台初挑戦。「ずっと舞台に出演したいと思っていたので、今から興奮しています」と話し、「去年の夏、『にじあと』を見ました。心が熱くなるあの感覚。今年は自分がその熱さを、パワーを、見に来てくださる皆様にお届けできるよう、精一杯演じたいと思います」と怪気炎を上げた。

舞台「大きな虹のあとで 不動四兄弟」は、8月3~7日に東京・新宿のシアターサンモールで公演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報