ロボットがつなぐ運命の出会い ベネチア受賞作「きみへの距離、1万キロ」4月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月19日 > ロボットがつなぐ運命の出会い ベネチア受賞作「きみへの距離、1万キロ」4月公開
メニュー

ロボットがつなぐ運命の出会い ベネチア受賞作「きみへの距離、1万キロ」4月公開

2018年1月19日 10:00

「きみへの距離、1万キロ」ビジュアル「きみへの距離、1万キロ」

「きみへの距離、1万キロ」ビジュアル
(C)Productions Item 7-II Inc. 2017
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第74回ベネチア映画祭のベネチアデイズ部門フェデオラ賞受賞作「Eye on Juliet」が「きみへの距離、1万キロ」の邦題で、4月7日から公開される。

遠く離れた地球の反対側から監視ロボットを通じて出会う男女のラブストーリー。さまざまな手段でいつでもどこでも世界の誰とでも繋がることが出来る日常と、未だ古い風習に囚われた文化という対極にある現実を恋愛をテーマに描く。監督は、第85回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作「魔女と呼ばれた少女」(12)で知られるカナダの気鋭キム・グエン

北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプライン。そこで石油泥棒を監視する6本足の小さなクモ型ロボットを、遥か1万キロ離れたアメリカ・デトロイトから遠隔操作しているオペレーターのゴードン(ジョー・コール)は監視ロボットを通して若く美しい女性アユーシャ(リナ・エル・アラビ)と出会う。彼女には、カリム(ファイサル・ジグラット)という恋人がいるが、親からは別の相手との結婚を強要されていた。そんな状況を知ったゴードンは、彼女の哀しい運命を変えるべく、大胆な行動に出る。

きみへの距離、1万キロ」は、4月7日から新宿シネマカリテほか全国順次公開。

(映画.com速報)
魔女と呼ばれた少女[DVD] 魔女と呼ばれた少女[DVD] 最安価格: ¥3,283 カナダの新鋭キム・グエン監督が、アフリカ諸国にいまだ存在する少年兵の問題を背景に、生と死、現実と幻想を交錯させて描くドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi