原田泰造、バス運転手への転職を勧められる!役作りで免許取得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月18日 > 原田泰造、バス運転手への転職を勧められる!役作りで免許取得
メニュー

原田泰造、バス運転手への転職を勧められる!役作りで免許取得

2018年1月18日 19:00

1月20日から新潟で先行公開「ミッドナイト・バス」

1月20日から新潟で先行公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ネプチューン」の原田泰造が1月18日、東京・ニッショーホールで行われた、主演映画「ミッドナイト・バス」の完成披露舞台挨拶に、共演の山本未來七瀬公、メガホンをとった竹下昌男監督とともに出席した。

原作は、第27回山本周五郎賞と第151回直木三十五賞の候補となった伊吹有喜氏の小説。主人公・高宮利一(原田)が運転する深夜高速バスに、16年前に別れた元妻・美雪(山本)が客として乗車したことをきっかけに、止まっていた“家族の時間”が動き出す。

「出演にあたり、監督からオーダーはあったか?」と問われた原田は、「バスの運転手の役なので、大型免許をとってほしいと。3カ月くらい教習所に通って免許をとりました」と告白。「教えてくれた先生が、『いいねえ。仕事がなくなったらやれば?』って言ってくれた」と、バスの運転手への転職を勧めれたことを明かし笑いを誘った。

また利一と美雪の息子を演じた七瀬の印象を聞かれると、“父”原田は「ツルンツルンですよねえ」と容姿を称え、“母”山本も「性格もきれいなんです」と同調するなど、そろって“親バカ”全開。さらに原田は「本当によく懐いてくれました。待ち時間に話してくれて。この映画に柴犬が出てくるのですが、柴犬よりも懐いてくれました」とデレデレ。「僕の本当の息子と同じ年なんです」と話す原田に対し、司会が「実の息子さんも同じくらいツルツル?」と切り込むと、「こんなにツルツルじゃないです(笑)。もうちょっとちんちくりんです」と恐縮していた。

原田は、竹下監督のデビュー作「ジャンプ」でも主演を務めた。竹下監督の魅力を「時間が丁寧にゆっくり流れるけれど、リズムが良い。揺れ動く気持ちを描くのがとってもうまい監督だと思っております」と力説。「僕は勝手に先生だと思っているんです。だから監督に会うと本当にピシっとする。だから今も横にいるのが嫌な感じ。先生なので」と明かした。

ミッドナイト・バス」は1月20日から新潟で先行公開。1月27日から東京・有楽町スバル座ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi