「暮しの手帖」元編集長「アバウト・レイ」主人公に学生時代の自分をシンクロ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月17日 > 「暮しの手帖」元編集長「アバウト・レイ」主人公に学生時代の自分をシンクロ
メニュー

「暮しの手帖」元編集長「アバウト・レイ」主人公に学生時代の自分をシンクロ

2018年1月17日 18:00

松浦弥太郎氏「アバウト・レイ 16歳の決断」

松浦弥太郎氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リトル・ミス・サンシャイン」の製作陣が再結集し、エル・ファニングナオミ・ワッツスーザン・サランドンが顔をそろえた「アバウト・レイ 16歳の決断」のトークイベント付き試写会が1月16日に都内で行われ、「暮しの手帖」元編集長の松浦弥太郎氏が登壇した。

身も心も男の子として生きたいと願う16歳のレイ(ファニング)は、両親からホルモン治療の同意書にサインをもらおうと奮闘。1番の味方である母マギー(ワッツ)は“彼”の決断に動揺し、離婚して何年も疎遠だった元夫クレイグ(テイト・ドノバン)との再会にも、頭を悩ませる。さらにレイの祖母で、レズビアンのドリー(サランドン)が加わり、親子3代が葛藤を通して、「本当の自分」と向き合っていく。

松浦氏は自身が17歳で高校を中退し、渡米した経験を振り返り「自分なりに、自分のことを誰も知らない遠くに行きたいというピュアな気持ちがあり、それをあきらめたら、自分の存在がなくなってしまうという不安を超えた恐怖があった」と同じく10代で“決断”を下すレイに共感を示した。

その上で「自分の中に秘めた異質で、ユニークな部分こそが、その人の愛おしさであり、力になる。人間らしさのバリエーションは、人の数だけあるはず」と力説し、「自分が自分である幸せをかみしめ、大切にしてもらえれば」と映画から受け取ったメッセージを語った。また、「ビジネスの世界でも、今や競争する時代ではなく、オンリーワンで勝負することが主流になっている」と話した。

アバウト・レイ 16歳の決断」は、2月3日から全国公開。

(映画.com速報)
リトル・ミス・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] リトル・ミス・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 アカデミー賞4部門にノミネート!落ちこぼれ家族の奇妙の旅を描いたハートフル・ムービー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi