ジョン・ボヤーガ、「デトロイト」で描かれる“現実”に衝撃「気分が悪くなるほどつらかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月12日 > ジョン・ボヤーガ、「デトロイト」で描かれる“現実”に衝撃「気分が悪くなるほどつらかった」
メニュー

ジョン・ボヤーガ、「デトロイト」で描かれる“現実”に衝撃「気分が悪くなるほどつらかった」

2018年1月12日 08:00

お気に入りの日本食は?「デトロイト」

お気に入りの日本食は?
(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が公開中のジョン・ボヤーガが、「ゼロ・ダーク・サーティ」のオスカー監督キャスリン・ビグローと組んだ「デトロイト」のインタビュー映像が、公開された。

1967年に米デトロイトで発生し、5日間で43人が死亡、1100人以上が負傷、逮捕者は約7000人にも及んだ暴動を映画化。暴動3日目の夜、銃声があったとの通報を受け、デトロイト市警察をはじめ、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵が、アルジェ・モーテルで銃の捜索を開始。いくら調べても銃が発見できずいらだちが募るなか、数人の警官が捜査手順を無視し、宿泊客の人権を無視した不当な尋問を始める。それはやがて、自白を強制する「死のゲーム」へと変貌していく。

ボヤーガは、モーテルで事件に遭遇する警備員ディスミュークスを演じている。「この作品は見るのもつらい。脚本という形で読むのも、本当に気分が悪くなるほどつらいものだった。心に響く作品になると、脚本から確信もできた」と語り、「撮影では、共演者に“大丈夫?”“つらくない?”と常に確認していたよ。精神的に厳しくないかとね。厳しい時は正直に申し出て、心が回復するのを待つことにした」と壮絶な撮影現場を振り返る。現在の社会情勢についても触れ、「『デトロイト』は過去から学び、未来に生かすべき作品だ」と力を込める。

映像では、日本愛についても言及しており、「昔から好きだったよ。アニメやマンガを日本語で見ていたしね。お寿司を食べに行くと“アリガトウゴザイマス”と丁寧に挨拶している。日本の文化が好きだ。猫カフェもいい。食べ物ならラーメンかな」と笑顔で語っている。

デトロイト」は、1月26日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi