中井貴一&佐々木蔵之介、新年早々まさかの衣装かぶり「バディ感出てよかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月6日 > 中井貴一&佐々木蔵之介、新年早々まさかの衣装かぶり「バディ感出てよかった」
メニュー

中井貴一&佐々木蔵之介、新年早々まさかの衣装かぶり「バディ感出てよかった」

2018年1月6日 18:00

中井貴一&佐々木蔵之介「嘘八百」

中井貴一&佐々木蔵之介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中井貴一佐々木蔵之介が主演を務めた「嘘八百」の公開記念舞台挨拶が1月6日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、2人をはじめ、共演の友近森川葵、メガホンをとった武正晴監督が出席した。

百円の恋」の武監督と脚本家・足立紳が再タッグを組み、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子も参加したコメディ。古物商の小池則夫(中井)と、落ちぶれた陶芸家・野田佐輔(佐々木)が、「千利休の幻の茶器」という真っ赤な嘘を仕立て上げ、一攫千金を狙うさまを描く。

この日は「真っ赤な嘘」とかけて、登壇者全員が赤を取り入れた衣装で登場したが、主演2人はそろって真っ赤なタートルネックをまとい、まさかの衣装かぶり。佐々木が「打ち合わせは一切していません」と説明すると、客席から笑いが沸き起こる。中井は、「危なく(佐々木と同じ)黒のスーツを選ぶところだった。でも劇中で黒を着ているから、違うのを着てきた。よかったです」と胸を撫でおろし、佐々木は「バディ感が出てよかった」と照れまくっていた。

さらに、タイトルにちなみ「嘘の新年の抱負」を発表することに。全員が頭を抱えるなか、トップバッターの中井は「今年は出産してみたいな」と真顔で答え、場内の爆笑をさらう。続く佐々木は、熟考の末「今年、僕は成人式を迎えたいなと思います」と答えを絞り出し、友近は「今年は絶対、東大に合格したいと思います!」。森川も、「今年はイケメン俳優として芸能界を担っていきます!」と負けじと笑いを誘った。

「だます方とだまされる方、どちらがいいか?」と問われた佐々木は「だましまくりたいですね、職業柄」と即答し、「だますことが仕事なので。面白く楽しく、心豊かになるようなだまし方ができたらいいかな」と説明した。だが残る全員は、「命に関わるようなことだったら、だまされる方がいいな」(中井)、「プライベートではだまされる方が楽かも。だますと一生それが気になる」(友近)、「私もだまされる方がいい。だますって嘘をつかないといけない」(森川)、「映画においては心地よくだましたいが、自分自身はだまされた方がいいかな」(武監督)と、「だまされる方」を選択。佐々木は慌てて「僕も自分自身はだまされた方がいい(笑)」と付け加え、「なんやこれ(笑)」とぼやいていた。

また正月恒例の鏡開きを行うコーナーでは、実家が酒屋の佐々木が「よく鏡割りと言いますが、鏡開きですよ(笑)」と説明し、「鏡開きの正しいやり方」を共演陣にレクチャーする一幕もあった。

(映画.com速報)
百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 百円の恋 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,140 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi