「BEATLESS」ヒト側のメインキャストが公開 主人公の遠藤アラト役は吉永拓斗 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月25日 > 「BEATLESS」ヒト側のメインキャストが公開 主人公の遠藤アラト役は吉永拓斗
メニュー

「BEATLESS」ヒト側のメインキャストが公開 主人公の遠藤アラト役は吉永拓斗

2017年12月25日 21:30

2018年1月12日放送開始の「BEATLESS」「劇場版 弱虫ペダル」

2018年1月12日放送開始の「BEATLESS」
(C)2018 長谷敏司・redjuice・monochrom
/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF作家・長谷敏司氏の小説を水島精二監督がテレビアニメ化する「BEATLESS」の追加キャストが発表された。

同作は、ゲーム「メタルギア」シリーズのノベライズを手がけ、「My Humanity」(ハヤカワ文庫JA)で第35回日本SF大賞を受賞している長谷氏が、「月刊ニュータイプ」で連載した小説が原作。「hIE(ヒューマノイド・インタフェース・エレメンツ)」と呼ばれる人型ロボットが社会の大半を担う世界を舞台に、17歳の少年・遠藤アラトと、人智を超えた超高性能アンドロイドのレイシアによる、人間とモノの関係に対する答えを求める物語が描かれる。

今回発表されたのは、100年後の未来を生きる「ヒト」を演じるキャスト陣で、主人公のアラト役を「DAYS」の吉永拓斗が担当する。このほか、アラトのクラスメイトの海内遼役には「サクラダリセット」の石川界人、村主ケンゴ役には「弱虫ペダル」の山下大輝、アラトの妹・遠藤ユカ役には「けものフレンズ」の小野早稀、遼の妹・海内紫織役には「スペース☆ダンディ」の佐武宇綺(9nine)、ケンゴの妹・村主オーリガ役には「賭ケグルイ」の若井友希、バロウズ財団の理事長、エリカ・バロウズ役には陶山恵実里(虹のコンキスタドール)が配役された。

さらに、可変デバイス「Black Monolith」を持つレイシアと、レイシアを見つめるアラトを描いたボーイ・ミーツ・ガールを予感させる最新のキービジュアル、追加キャストからのコメントも公開された。吉永は「アラトはかなりチョロい男の子(笑)ですが、彼の単純さは魅力であり、また危うさでもあるのかなって思います。僕自身、純粋な気持ちで向き合っていきたいです! 『未来のセカイ』って想像するだけでワクワクしますよね? そんなロマンがある作品です。この素晴らしい世界観の中で、アラトたちがhIEとどう向き合っていくのか見届けてください。応援よろしくお願いします!」と、本作への思いをアピールしている。

「BEATLESS」はMBSほか「アニメイズム」枠で、18年1月12日から放送スタート。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi