来日中のウィル・スミス「ブライト」はNetflixだからこそ生み出せた作品!

2017年12月20日 19:00

提灯を渡されてご機嫌
提灯を渡されてご機嫌

[映画.com ニュース] Netflixオリジナル映画「ブライト」の出演者ウィル・スミスジョエル・エドガートンノオミ・ラパス、メガホンをとったデビッド・エアー監督が12月20日、都内で行われた来日会見に出席し、報道陣からの質問に答えた。

人間を含めたさまざまな種族が共存している架空の米ロサンゼルスを舞台にしたアクション大作。人間のウォード(スミス)と怪物オークのジャコビー(エドガートン)の警察官コンビが、巡回中の夜に謎の少女と魔法のつえ(マジック・ワンド)に出会ったことで、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていくさまを描く。「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」のマックス・ランディスが製作総指揮・脚本を務めた。

スミスは自らマイクをもって報道陣の元へと走ったほか、舞台転換の際にはスタッフを手伝うなどサービス精神をフルに発揮し、場内を笑いに包む。質疑応答の際も、「本作は、現実社会とは全く違う構造の中で人種差別や偏見、階級制度を描いているんだ」とまじめに語ったかと思えば、「ジョエル(・エドガートン)との相性は、クラシックなハリウッド映画のロマンス関係に似ていたね。オークのメイクをした彼を見ていると、僕の中で何かが起こるんだ(笑)」とジョークを飛ばし、気さくな人柄を見せた。

3時間以上にも及ぶ特殊メイクでジャコビーになりきったエドガートンは、「脚本の3ページ目くらいで、ウォードが妖精を殺したシーンから入り込んでしまった」と語り、「本作でのオークは、集団的ないじめにあっている。僕は、ジャコビーの“責任”がとても気に入ったんだ。肌の色や種族ではなく、行動や良さを見てほしいと思っている。とても優しく大切なキャラクターだよ」と演じた役への愛着を語った。

プロメテウス」や「セブン・シスターズ」などで知られ、本作でアクロバティックなアクションを披露したラパスは、「アクションにおいては100%で行きたいと常々思っているの。だけれど、今回のアクションは今までで1番大変だった。通常であればミスもアクションの一部として見せていけるけど、エルフはミスを犯さない存在。水の流れのような動きをすごく意識したわ。今回の役はセリフがそこまでないので、観客に肉体性から感情を読み取ってもらわないといけないというのもあるわね。家でも銃やナイフのトレーニングをして、一緒に寝ていたくらいよ(笑)」と役作りを語った。

スミスと再タッグを組んだエアー監督は、「『スーサイド・スクワッド』で学んだことは全部生きているよ。Netflixはクリエイターを育てようとしてくれるから、作家としての自分の声をしっかり表現できたんだ」と笑顔。スミスは、監督の言葉に反応し「(メジャー映画)スタジオ製作作品だと、どうしても要求がたくさん出るものだ。『ブライト』のような作品は、スタジオでは撮れないのさ。R指定を付けなければなかったり、規制が出てしまうからね」と補足した。

Netflixとのコラボレーションを楽しんだ様子のスミスは、「僕が今考えているのは、(Netflix作品である『ブライト』が)劇場公開作と同じような映画経験ができ、心や頭に届くのかということ。映画館でほかのお客さんと見るときのような体験ができるかということだね」と配信開始を待ちきれない様子。スミスの言葉を興味深そうに聞いていたラパスは、「現代を生きる私たちにとって大変なのは、“集中すること”だと思うの。家で『作品を見よう』と選択して集中して見る、ということがなかなか難しい。でも『ブライト』の場合は、ぜひそうしていただきたいわ」と呼びかけた。

Netflixオリジナル映画「ブライト」は、12月22日に全世界同時配信。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com