【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が歴代2位のオープニング興収でV : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月19日 > 【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が歴代2位のオープニング興収でV
メニュー

【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が歴代2位のオープニング興収でV

2017年12月19日 18:00

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」がV「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」がV
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、大ヒットSFシリーズの第8作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が、前作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の約2億4700万ドルに次ぐ、歴代2位となる約2億2000万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

北米以外でも約2億3000万ドルを稼ぎ出し、全世界興収は3日間で約4億5000万ドルを記録する大ヒットスタートとなった。今後は、前作「フォースの覚醒」が記録した北米最終興収約9億3660万ドル、全世界興収約20億6822万ドルを目指すことになる。

スター・ウォーズ」シリーズの転換点ともいうべき内容に多くの批評家から絶賛評が寄せられたが、観客の間では賛否がはっきり分かれており、2週目以降の興収の動きが気になるところだ。監督・脚本は「LOOPER ルーパー」のライアン・ジョンソン。ジョンソンはエピソード9の後の「スター・ウォーズ」新3部作でも監督を務めることになっている。

首位と2億ドル以上離され、約1340万ドルで2位デビューとなったのは、ブルースカイ・スタジオの新作アニメ「Ferdinand」。名作絵本「はなのすきなうし」を原作に、少女と牡牛フェルディナンドの友情とともに、フェルディナンドと仲間たちの冒険が描かれる。監督は「アイス・エイジ」シリーズのカルロス・サルダーニャ。声の出演はジョン・シナケイト・マッキノンボビー・カナベイルら。

クリスマスの週末を迎える今週は、マット・デイモン主演のコメディ「ダウンサイズ」(アレクサンダー・ペイン監督)、ヒュー・ジャックマンザック・エフロン共演のミュージカル「グレイテスト・ショーマン」、ドゥエイン・ジョンソン&ジャック・ブラック主演のアドベンチャー大作「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」、「ピッチ・パーフェクト」シリーズの最終章「Pitch Perfect 3」、オーウェン・ウィルソンエド・ヘルムズ共演のコメディ「Father Figures」が公開になるほか、本年度アカデミー賞最有力のスティーブン・スピルバーグ監督最新作「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」(メリル・ストリープトム・ハンクス主演)が限定で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi