永尾まりや、後輩・川栄李奈のブレイクに続くため「ちゃんとする」

2017年12月14日 17:00

小島よしおと永尾まりや
小島よしおと永尾まりや

[映画.com ニュース] お笑い芸人の小島よしおと、元「AKB48」の女優・永尾まりやが12月14日、都内で行われた「フラットライナーズ」の公開記念イベントに出席した。

本作は、1990年のサスペンス映画をエレン・ペイジ主演でリメイクした作品。5人の医学生が臨死体験をした後、奇妙な幻覚に悩まされる姿を描く。「青春モノかと思いきや、ホラーになる。展開が変わっていくところがかなり面白い」と小島が本作の感想を述べると、セクシーな女医スタイルで登場した永尾は「素直に素敵な作品だと思いました」と絶賛。「私はカップルができるラブの要素が好きです。一転してホラーになる部分は、見ていたらビクビクしちゃって」とお気に入りの1本となったようだ。

07年に「そんなの関係ねぇ!」で流行語大賞を受賞してから10年、現在では“日本一子どもにウケる芸人”と呼ばれるほどにまでなった小島だが、一時は死亡説も流れるほど、その活躍が危ぶまれたことも。この日は「芸能界での臨死」を経験した小島が、さらなる能力覚醒を目指し、擬似臨死実験を体験することになった。「名医らしくドヤ顔で(施術を)やります」と語った永尾から“電気ショック”を受けた小島は、心肺停止のフリをスタート。3分間の芝居を終えて「おっぱっぷー」という渾身のギャグを披露したが、スベリ気味だったため「(能力覚醒のための)臨死体験はよくないのかもしれない。自分の力で目標を達成していかないと」と苦笑していた。

「2018年の抱負は?」と問われた小島は「ワールドブレイク」と宣言。「世界中に知ってもらえるようになりたいですね。『そんなの関係ねえ!』が誕生してからもう10年ですから。それを超えるネタをつくりたい」と世界進出を視野にしていることを明かした。一方、永尾の目標は「ちゃんとする」こと。「私、結構諦めやすいんですよ。日頃の行いもちゃんとしたい。実は基本的なことができない部分もあるので。早寝早起き、英語も学んでいきたい。ちゃんとしたらワールドブレイクもできると思います」と語ると、小島から「便利な言葉だなあ(笑)」とツッコミを受けていた。

イベント後の囲み取材では、「AKB48」卒業後の日々を振り返った永尾。「『AKB48』時代は本当に楽しかったなって思っちゃいますよね。青春でしたし、学校を卒業したような感覚。ひとりきりの楽屋は寂しいなって感じたりしています。『AKB48』とは関係なく、もっともっと有名になりたい」と胸中を吐露した。また、女優として躍進を続けている後輩・川栄李奈について聞かれると「初期は顔が似ているという言われることもありましたね。当時は2人とも前に全然出ていなかったんです。今、川栄は前に出ているので、私も前に出たいなって気持ちはありますね」とさらなる飛躍をとげることを誓っていた。

フラットライナーズ」は、12月22日から東京・TOHOシネマズシャンテほかで公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com