「TOKYO TRIBE」井上三太と「デトロイト」がコラボ!描き下ろしイラスト公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月13日 > 「TOKYO TRIBE」井上三太と「デトロイト」がコラボ!描き下ろしイラスト公開
メニュー

「TOKYO TRIBE」井上三太と「デトロイト」がコラボ!描き下ろしイラスト公開

2017年12月13日 08:00

「スター・ウォーズ」シリーズの ジョン・ボヤーガらが出演「デトロイト」

「スター・ウォーズ」シリーズの
ジョン・ボヤーガらが出演
(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「TOKYO TRIBE」や「隣人13号」の原作者として知られる漫画家・井上三太氏が、オスカー監督キャスリン・ビグローの最新作「デトロイト」とコラボレーションしたイラストが、公開された。

5日間で43人が死亡、1000人以上が負傷、逮捕者は約7000人にも及んだデトロイト暴動を題材に、捜査中の警官が黒人少年をなぐったことがきっかけで起こる“戦慄の一夜”を描く。暴動2日目の夜、銃声の通報があり、デトロイト市警察をはじめ、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵が、アルジェ・モーテルで銃の捜索を開始。そのさなか、数人の警官が捜査手順を無視し、宿泊客の人権を無視した不当な尋問を始める。それはやがて、自白を強制する「死のゲーム」へと変貌していく。

本作をいち早く鑑賞した井上氏は、「強烈な差別と暴力にゾッとする。これが実話で、さらにその差別と暴力が未だに鳴り止まないことにさらにゾッとする。ただこの重いテーマをビグロー監督は一流のエンタテインメントに仕上げた手腕に脱帽する! 面白い!」とビグロー監督の手腕を絶賛している。

イラストにおいては、凶悪な白人警官クラウス(ウィル・ポールター)と被害者の1人ラリー・リード(アルジー・スミス)をモデルに、黒人と警官たちがもみ合うショットを加えて描いている。

デトロイト」は、2018年1月26日から全国公開。

(映画.com速報)
TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ[Blu-ray/ブルーレイ] TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,011 漫画家・井上三太の代表作として知られ、アニメ化もされた「TOKYO TRIBE2」を鬼才・園子温監督が実写映画化。
隣人13号 ディレクターズ・カット SANTASTIC!BOX[DVD] 隣人13号 ディレクターズ・カット SANTASTIC!BOX[DVD] 最安価格: ¥702 一見穏やかな青年・村崎十三の中に潜む凶暴な別人格“13号”の恐怖を描いた井上三太による同名コミックを映画化したサイコ・サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi