禁断の臨死実験でまさかの蘇生失敗!?「フラットライナーズ」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月13日 > 禁断の臨死実験でまさかの蘇生失敗!?「フラットライナーズ」本編映像公開
メニュー

禁断の臨死実験でまさかの蘇生失敗!?「フラットライナーズ」本編映像公開

2017年12月13日 12:00

臨死実験にハマる主人公たちを待つ運命とは「フラットライナーズ」

臨死実験にハマる主人公たちを待つ運命とは
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1990年のサスペンス映画をエレン・ペイジ主演でリメイクした「フラットライナーズ」の本編映像を、映画.comが独占入手した。

映画は、5人の医学生が臨死体験をした後、奇妙な幻覚に悩まされる姿を描いたサスペンスドラマ。オリジナル版は、キーファー・サザーランドが主演し、ジュリア・ロバーツケビン・ベーコンウィリアム・ボールドウィンオリバー・プラットら当時の若手スターの豪華共演が話題を呼んだ。リメイク版では、ペイジとディエゴ・ルナニーナ・ドブレフジェームズ・ノートンカーシー・クレモンズが共演するほか、サザーランドが医大の教授役として再登場する。

医学生のコートニー(ペイジ)は、自分の心臓を止めて1分後に蘇生させるという禁断の臨死実験を仲間に持ちかける。死後の世界を垣間見て生き返ったコートニーには、突然ピアノが弾けるようになったり、1度読んだだけの医学書の細部を覚えていたりと、驚くべき能力が覚醒する。その様子を見た仲間たちは、競って臨死実験の実験台になりたがり、徐々にエスカレート。臨死時間が7分間を過ぎたとき、そこには想像もつかない恐ろしい体験が待っていた。

公開された映像は、大学の地下室にある設備で臨死実験を行っていたソフィア(クレモンズ)とジェイミー(ノートン)が、マーロー(ドブレフ)を臨死状態から蘇生できず、レイ(ルナ)が助けにやってくる場面から始まる。マーローは、臨死体験中に静かにプールの底へと沈んで行き、プールの底に“人殺し”という文字が書かれているのを見る。一方の現実世界では、マーローに電気ショックを与えた瞬間、実験室が衝撃波に包まれ、機器が粉々になる様子が収められており、これから5人が直面する不可解な事象の始まりを感じさせる。

フラットライナーズ」は、ニールス・アルデン・オプレブ監督がメガホンをとった。12月22日から東京・TOHOシネマズシャンテほかで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報