ウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」ベルリン国際映画祭オープニング作品に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月6日 > ウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」ベルリン国際映画祭オープニング作品に決定
メニュー

ウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」ベルリン国際映画祭オープニング作品に決定

2017年12月6日 07:00

日本が舞台!少年と犬たちの大冒険を描く「犬ヶ島」

日本が舞台!少年と犬たちの大冒険を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描く長編ストップモーションアニメ「犬ヶ島」が、2018年2月15日(現地時間)にドイツで開幕する第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品に決定した。コンペティション部門にもノミネートされている。

日本を舞台に、失踪した愛犬を探す少年と、犬たちの壮大な旅と冒険を描く。アンダーソン監督作品としては、14年に同映画祭のオープニングを飾り、審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞した「グランド・ブダペスト・ホテル」以来、4年ぶり2作品連続の選出。コンペティション部門への出品は4度目となる。

声優陣には豪華な顔ぶれがずらり。ビル・マーレイジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンハーベイ・カイテルティルダ・スウィントンF・マーレイ・エイブラハムボブ・バラバンフランシス・マクドーマンドら、アンダーソン組の常連はもちろんのこと、「RADWIMPS」の野田洋次郎夏木マリ村上虹郎渡辺謙、野村訓市ら日本人キャストも多数参加。さらに、スカーレット・ヨハンソングレタ・ガーウィグブライアン・クランストンリーブ・シュレイバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら、ビッグネームが集う。

黒澤明宮崎駿ら映画界の巨匠だけでなく、日本のカルチャーへの敬意を公言しているアンダーソン監督が日本を舞台に描く物語。世界にどのように受け止められるか注目だ。ベルリン国際映画祭での上映にあわせ、キャスト・スタッフの渡航を調整中だという。

日本では2018年春の公開予定。第68回ベルリン国際映画祭は18年2月15~25日に開催。コンペティション部門の審査委員長はドイツの奇才トム・ティクバ(「ラン・ローラ・ラン」「パフューム ある人殺しの物語」)が務める。

(映画.com速報)
グランド・ブダペスト・ホテル[Blu-ray/ブルーレイ] グランド・ブダペスト・ホテル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 ウェス・アンダーソン監督が贈る、究極のおもてなし達人と青年が繰り広げるミステリー・コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi