ブライアン・シンガー監督、フレディ・マーキュリー伝記映画から解雇 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月6日 > ブライアン・シンガー監督、フレディ・マーキュリー伝記映画から解雇
メニュー

ブライアン・シンガー監督、フレディ・マーキュリー伝記映画から解雇

2017年12月6日 13:00

現場放棄を理由に解雇された ブライアン・シンガー監督「クィーン」

現場放棄を理由に解雇された
ブライアン・シンガー監督
写真:picture alliance/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フレディ・マーキュリーの伝記映画を製作する米20世紀フォックスが、「職業倫理に反する行動」を理由にブライアン・シンガー監督が解雇をしたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

「ボヘミアン・ラプソディ(原題)」はイギリスの伝説的なロックバンド「クイーン」を題材にした伝記映画で、ボーカルのフレディ・マーキュリー役をラミ・マレック(「Mr. Robot」)が演じる注目作。「X-MEN」シリーズのシンガー監督のもと、イギリスで順調に撮影が行われていたかに見えたが、フォックスは12月1日に撮影の一時中断を発表。当初はシンガー監督の健康問題だと思われていたが、実際には現場放棄が原因であることが明らかになった。

関係者によると、シンガー監督は無断で撮影を休むようになり、これを理由に主演のレミ・マレックと対立。あるときは激しい口論となり、シンガー監督がマレックに対して何かを投げつけたという。また、マネジャー役を務めていたトム・ホランダー(「スパイダーマン:ホームカミング」)もシンガー監督の無責任な行動を理由に降板したものの、説得されて現場に戻ったという。決定的だったのは、感謝祭の休暇明けにシンガー監督がイギリスの撮影現場に戻らなかったことだ。

撮影監督のニュートン・トーマス・サイジェルが代理で演出を手がけていたものの、3日連続で現場放棄をした時点で、フォックスは撮影中断を決定。シンガー監督はこれまでにも無責任な行動を取った過去があるため、同社は「ボヘミアン・ラプソディ(原題)」の製作開始前に警告していたという。同作の撮影はあと2週間ほど残っているため、代理監督を見つけ、予定通り2018年12月の公開を目指すという。

一方、今回の解雇を受けて、シンガー監督は声明を発表。病気の母親を看病するために撮影延期を求めたものの、フォックスに聞き入れてもらえなかったとしている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi