モーツァルトのオペラ「魔笛」、現代版アレンジで映画化

2017年11月29日 11:00

モーツァルトの名作オペラが新たに映画化
モーツァルトの名作オペラが新たに映画化

[映画.com ニュース]「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督率いる製作会社セントロポリス・エンタテインメントが、ドイツ・ベルリンに拠点を構えるFlimmerとのタッグで、モーツァルトのオペラ「魔笛」を新たに映画化することが、米バラエティによって明らかになった。

舞台を現代に置き換え、大胆なアレンジを施した本作の主人公は、15歳の少年ティム・ウォーカー。地元ロンドンからオーストリアにあるエリート寄宿学校「モーツァルト学園」へと送りこまれた彼はある日、何世紀もの間人知れず眠っていた秘密の扉を発見する。それはなんと、モーツァルトの最高傑作として名高いオペラ「魔笛」の世界につながる魔法の通路への入り口だった。

ドイツ人脚本家・監督のフローリアン・シーグルとFlimmerのクリストファー・ツビッカーCEO製作のもと、俳優としても活躍するアンドリュー・ロウリーが脚本を執筆。シリーズ化を視野に入れたうえで、2018年クリスマスシーズンの公開を目指し、準備を進めているとのことだ。

2012年にスタートアップとして立ち上げられたFlimmerは、映画の予告編サイトからはじまり、わずか数年で世界規模のマルチメディア向けマーケティング・プラットフォーム、ならびに制作会社へと成長を遂げた注目企業。昨年、フランスの大手メディアグループ「Webedia」に買収されるまで、筆頭株主として同社の経営に携わっていたエメリッヒ監督は、「魔法使いや魔女たちが織りなす『魔笛』のファンタジックな世界を、現代的なアプローチで新たにスクリーンに描き出すこのプロジェクトに、今からワクワクしているよ」と意気込みを語った。

(映画.com速報)

インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ]

インデペンデンス・デイ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,045

突如飛来した巨大宇宙船と、絶滅の危機にさらされた人類の激闘を描く衝撃のSF超大作。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース