ブニュエルの傑作「皆殺しの天使」12月23日公開決定! 「アンダルシアの犬」の特別上映も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月29日 > ブニュエルの傑作「皆殺しの天使」12月23日公開決定! 「アンダルシアの犬」の特別上映も
メニュー

ブニュエルの傑作「皆殺しの天使」12月23日公開決定! 「アンダルシアの犬」の特別上映も

2017年11月29日 13:00

日本初公開から36年ぶりにリバイバル上映「皆殺しの天使」

日本初公開から36年ぶりにリバイバル上映
(C)1991 Video Mercury Films
[拡大画像]

[映画.com ニュース]シュルレアリスム、不条理作品で知られる鬼才、ルイス・ブニュエルのメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」が、12月23日から東京・シアター・イメージフォーラムでリバイバル上映されることがわかった。また、併映が発表されていたブニュエルのメキシコ時代最末期の問題作「ビリディアナ」(1961)、「砂漠のシモン」(64)に加え、サルバドール・ダリとの共同脚本で完成させた短編「アンダルシアの犬」(28)の特別上映も決定した。

日本初公開から36年ぶりに劇場公開される「皆殺しの天使」は、晩餐会が催されたブルジョワ邸宅が舞台。男女20人が晩餐を終え、客間でくつろいでいたが、なぜか夜が明けても誰も帰ろうとしない。全員が帰る方法を忘れたかのように客間を出ることができなくなり、そのまま数日が経過。水や食料も底を突き、ブルジョワジー達の道徳や倫理が崩壊していくなか、事態は予想もつかない展開へと転がり始める。1962年カンヌ映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した。


奇怪なイメージが連続する「アンダルシアの犬」「皆殺しの天使」

奇怪なイメージが連続する「アンダルシアの犬」
(C)1928 Les Grands Films Classiques,Paris
[拡大画像]

特別上映が決まった「アンダルシアの犬」は、20年代に最高潮に達したアバンギャルド映画の頂点を飾る作品。「刃が眼球を切り裂く」「手のひらに集るたくさんのアリ」など悪夢的で奇怪なイメージで構成され、当時公開されるやいなや、ジャン・コクトーら希代の芸術家たちから熱狂的な支持を集めた。

また、12月22日には東京・下北沢の本屋B&Bで菊地成孔中原昌也が登壇する公開記念イベント「人間は自由ではない! ルイス・ブニュエル、公開禁止令!?」を開催。さらに、23日の「皆殺しの天使」(16時~)上映終了後には、フランス文学者で作家の巖谷國士氏と映画史家・比較文学者の四方田犬彦氏がトークショーを行う。

皆殺しの天使」(http://www.ivc-tokyo.co.jp/bunuelangel/)は、12月23日からシアター・イメージフォーラムで3週間限定公開。公開期間中は、「ビリディアナ」「砂漠のシモン」「アンダルシアの犬」を同時上映する。

アンダルシアの犬 ルイス・ブニュエル監督 HDマスター[DVD] アンダルシアの犬 ルイス・ブニュエル監督 HDマスター[DVD] 最安価格: ¥2,479 スペイン出身の異才ルイス・ブニュエルが1928年に手がけた実験的短編作品。
ビリディアナ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ビリディアナ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,913 カトリック教会から大きな非難を浴びるスキャンダルとなり、スペインやイタリアで上映禁止に至った問題作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報