米国史上最大級の暴動に直面した“本人”が登場 「デトロイト」特別映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月28日 > 米国史上最大級の暴動に直面した“本人”が登場 「デトロイト」特別映像公開
メニュー

米国史上最大級の暴動に直面した“本人”が登場 「デトロイト」特別映像公開

2017年11月28日 18:00

当時を生々しく再現「デトロイト」

当時を生々しく再現
(C) 2017 SHEPARD DOG, LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハート・ロッカー」や「ゼロ・ダーク・サーティ」で知られるオスカー監督キャスリン・ビグローが、1967年に米国で起こったデトロイト暴動を描く「デトロイト」の特別映像が、公開された。当時の記録映像や関係者のインタビューで構成され、暴動発生時のものものしい雰囲気や被害状況等が伝わる映像となっている。

5日間で43人が死亡、1000人以上が負傷、逮捕者は約7000人にも及んだデトロイト暴動を題材に、捜査中の警官が黒人少年をなぐったことがきっかけで起こる“戦慄の一夜”を描く。暴動2日目の夜、銃声の通報があり、デトロイト市警察をはじめ、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵が、アルジェ・モーテルで銃の捜索を開始。そのさなか、数人の警官が捜査手順を無視し、宿泊客の人権を無視した不当な尋問を始める。それはやがて、自白を強制する「死のゲーム」へと変貌していく。

元デトロイト市警察署長のアイク・マッキノン氏は、「1967年当時、黒人は差別され、地位の低い職にしか就けなかった。週末だけで、1000人以上の黒人が逮捕された」、劇中では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のジョン・ボヤーガが演じている警備員、メルビン・ディスミュークス氏は「見えない人種差別があった。(暴動時は)一触即発の状況だった」と証言。ドキュメンタリーかと見間違うような本編映像が合間に挿入され、事件の悲惨さが克明に描かれている。

デトロイト」は、2018年1月26日から全国公開。

(映画.com速報)
【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】ハート・ロッカー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。
ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,373 『ハート・ロッカー』の監督×脚本家が、ビンラディン暗殺の真実に迫る衝撃の実話。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi