2018年ゴールデングローブ賞授賞式司会はセス・マイヤーズ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月26日 > 2018年ゴールデングローブ賞授賞式司会はセス・マイヤーズ!
メニュー

2018年ゴールデングローブ賞授賞式司会はセス・マイヤーズ!

2017年11月26日 05:00

セス・マイヤーズ

セス・マイヤーズ
Photo by: Lloyd Bishop/NBC/
NBCU Photo Bank via Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2018年に開催される第75回ゴールデングローブ賞授賞式の司会が、セス・マイヤーズに決定した。ジミー・ファロンに続き、2年連続でトーク番組司会者が抜擢された。

マイヤーズは、14年2月までNBC「サタデー・ナイト・ライブ」の脚本家&番組内のニュースパロディコーナーの司会者として人気を博し、降板後は同局のトーク番組「レイト・ナイト」の司会をファロンのから引き継いでいる。

ドナルド・トランプ米大統領の就任直前に開催された第74回の授賞式では、トランプ批判や人種の多様性のアピールが注目を集めたが、今回はハーベイ・ワインスタインに端を発するハリウッドでの性犯罪が話題に上がることは間違いなし。「レイト・ナイト」でもいち早くワインスタインの行為を批判したマイヤーズだけに、どのように問題に切り込むのかその手腕に期待が高まる。

第75回ゴールデングローブ賞のノミネート発表は12月11日、授賞式は18年1月7日に行われる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi