細野晴臣が映画と音楽について綴ったエッセイ「映画を聴きましょう」発売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月19日 > 細野晴臣が映画と音楽について綴ったエッセイ「映画を聴きましょう」発売
メニュー

細野晴臣が映画と音楽について綴ったエッセイ「映画を聴きましょう」発売

2017年11月19日 15:14

「キネマ旬報」で連載中のエッセイを書籍化「カビリアの夜」

「キネマ旬報」で連載中のエッセイを書籍化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]音楽家の細野晴臣が、映画雑誌「キネマ旬報」で連載中のエッセイを書籍化した「映画を聴きましょう」が発売中だ。

「キネマ旬報」2012年8月下旬号から開始し、2017年10月下旬号で58回を迎えた連載で、細野がこれまで鑑賞した作品、印象に強く残った映画音楽について書かれたもので、タイトル「映画を聴きましょう」は細野が子どもの頃によく聞いていたという映画サントラ集から取られた。

テレビ西部劇「ララミー牧場」に出演したホーギー・カーマイケルの名曲「香港ブルース」や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーノ・ロータ作曲「カビリアの夜」など自身も演奏する映画音楽、「僕の趣味にすごく合う」というウッディ・アレン監督のフィルモグラフィと選曲についての言及、そして、名作が並ぶ印象的だった映画のシーン20選など、ミュージシャンならではの視点で映画体験の記憶が綴られている。

特別企画として旧友・中沢新一氏との映画対談を収録するほか、細野のツアーグッズや「POPEYE」(マガジンハウス) のイラストコラム「街道のシティ怪童(ボーイ)」で知られる漫画家・堀道広氏による描きおろしイラストで、映画のワンシーンを再現している。四六判、332ページ、2160円(税込)。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi