「ストレンジャー・シングス」出演俳優がドラッグ所持で米入国拒否され強制送還 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月2日 > 「ストレンジャー・シングス」出演俳優がドラッグ所持で米入国拒否され強制送還
メニュー

「ストレンジャー・シングス」出演俳優がドラッグ所持で米入国拒否され強制送還

2017年11月2日 11:00

強制送還されたチャーリー・ヒートン

強制送還されたチャーリー・ヒートン
Photo by Karwai Tang/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米大ヒットドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に出演しているチャーリー・ヒートンが、ドラッグ所持を理由にアメリカへの入国を拒否されたと、イギリスのタブロイド紙ザ・サンが報じた。

英俳優のヒートンは、シーズン2のプレミアに参加するためにロンドンからロサンゼルスに渡航。しかし、ロサンゼルス国際空港内の麻薬探知犬によってコカイン所持を暴かれ、拘留されたのち、そのままロンドンへと強制送還となった。「ストレンジャー・シングス」は米アトランタで撮影をしているため、今後の入国に影響が出た場合、シーズン3の撮影時に問題となりそうだ。

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で、失踪した少年ウィルの兄ジョナサン・バイヤースを演じているヒートン。また、来春全米公開の「X-MEN」のスピンオフ「ザ・ニュー・ミュータンツ」にも出演している。

(映画.com速報)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi