AKIRA&岩田剛典「HiGH&LOW」監督の男泣きに感激!シリーズ終章「長いようで短かい3年」

2017年10月31日 22:00

監督の男泣きに感激!
監督の男泣きに感激!

[映画.com ニュース] 「HiGH&LOW」劇場版シリーズの最終章「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」の“超”完成披露試写会が10月31日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、出演したAKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、岩田剛典、企画・プロデュースのEXILE HIRO、共同脚本の平沼紀久、メガホンをとった中茎強監督、久保茂昭総監督らが舞台挨拶に出席した。

ドラマやライブなどさまざまなメディアを横断し、「SWORD地区」で起こる一大抗争を描いてきた人気作が、ついに最終章へ。足掛け3年、シリーズを支え続けてきた久保総監督は、冒頭の挨拶で「琥珀(AKIRA)とコブラ(岩田)が本当に大好きで……。その2人に思いを詰めて作ったので、ぜひ楽しんでください」と声をつまらせ男泣き。感極まる姿に一同も胸打たれた様子で、AKIRAは「監督の涙が語るように、長いようで短かい3年でした。これだけの大作を続けるには、いろんな方の支えがなければ、ここまでたどり着けなかった」と謝辞を述べ、岩田も「この3年間、つらい撮影も、楽しい撮影もありました。完結編としてお届けできる日に至るまで、自分でも大きな経験になった」と万感の思いを口にした。

さらにAKIRAは、「『THE MOVIE』で琥珀が駄々をこねなければ、こんな強大な敵と戦わなくてよかったのに、と思うくらい、本当に素晴らしい皆さんが出演してくださった。改めて感慨深いですし、自分も成長できた」と充実の面持ち。岩田は「伏線も回収していますし、最後のエンドロールを見た時、僕もグッと来てしまいました。今までの歴史が感じられる、一番感動できる作品です」と胸を張った。

激しいアクションも見どころで、雨宮雅貴役のTAKAHIROは「雰囲気を出すため、現場はホコリがすごい。撮影が終わったら、鼻の穴から(拳)一握りくらいのホコリが出てくる……それは嘘ですけど」とジョーク交じりに振り返り、九十九役の青柳は「前作では“車輪止め”使いましたが、今回はまた、別の物を使っています。お楽しみに」と珍アピール。そして岩田は、予告にも収録された「コブラが生のコンクリートを飲むシーン」に言及し、「あれは(本物ではなく)ごま豆腐です。おいしいなって思った」と暴露。TAKAHIROらから「言っちゃダメなやつ!」と総ツッコミを食らっていた。

この日は岩城滉一加藤雅也笹野高史高嶋政宏木下ほうか中村達也早乙女太一橘ケンチ小林直己小野塚勇人も登壇した。「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」は、11月11日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース